YouTube運営

【入門】YouTubeアナリティクスの見方【公式情報を見よう!】

こんにちは、クレメアです。

クレメア
クレメア
今回は「YouTubeアナリティクスの見方」を解説します。

<この記事はこんな人にオススメ>

  • YouTubeチャンネルを運営している人
  • アナリティクスの見方を知りたい人

結論

YouTubeのアナリティクスに関しては
以下を参考にして学んでいきましょう。

  • YouTubeの仕組みを理解する
  • 用語を理解する
  • YouTube Creator Academyを見て学ぶ
  • コミュニティガイドラインをチェックする
  • ヘルプページを活用する
  • 自分の動画データを見る
クレメア
クレメア
この記事ではYouTubeアナリティクスの基本について解説していきます。

YouTubeとは?

YouTubeはどんなサイトなのか?
特徴は以下の通り。

  • 世界で2番目にアクセス数が多いサイト
  • 月間240億以上のアクセス
  • 毎分500時間以上の動画がアップロード
  • 視聴者がYouTube視聴に費やす時間は1日平均11分24秒
  • 約80%の視聴者がYouTubeアルゴリズムの推奨動画を視聴
  • 視聴者は1日に、平均で6.5個の動画を視聴
  • 再生の70%以上はモバイル端末

これらの特徴を持つYouTubeで結果を出すためには
YouTubeの仕組みを理解することが必要不可欠です。

クレメア
クレメア
YouTubeは公式情報が充実しているので、結果を出したい人はまず公式情報をしっかりと読むようにしましょう。

YouTubeの仕組み

YouTubeには毎分500時間以上という
とてつもない量の動画がアップロードされています。

クレメア
クレメア
これらを全て人力で確認することは不可能であり「どの動画を優先的に表示するのか?」に関しては「YouTubeアルゴリズム」と言われるAIアルゴリズムが使われています。

YouTubeで結果を出すためには
このYouTubeアルゴリズムを理解し、そして気に入られることが最も重要です。

逆にいうと、このアルゴリズムを意識せず
思いつきで運用しても、うまくいきません。

例えば、YouTubeを始めたばかりの人の中には
他のSNSで動画をシェアして再生数を稼ごうとする人もいますが
これは基本的にはあまりオススメされません。

クレメア
クレメア
それはなぜか?というと、動画を見る気がない人が流入するせいで、視聴者が動画を見る時間が短くなり、動画の評価が下がる原因になるからです。

FacebookやTwitterを見てる人は
YouTubeで動画を見たいと思ってない人がほとんどですからね。

※他のSNSに集まってる人が
動画内容に興味がある人ばかりであれば、その限りではありません。

クレメア
クレメア
YouTubeの基本を理解しておくと上記のようなミスを犯さなくなるので、ぜひ基本を学んでいきましょう。

注意点

勘違いしないで頂きたいのですが
YouTubeのアナリティクスは
YouTube運営における1つの参考データに過ぎません。

YouTubeに動画を投稿する上で最も大切なことは
視聴者が見たくなる良い動画を作ることです。

クレメア
クレメア
YouTubeアナリティクスに囚われ過ぎて、クリック率や視聴者維持率にばかり気を取られないようにしましょう。

用語を理解する

全てを解説すると長くなってしまうので
今回はYouTubeのアナリティクスデータを分析するために理解すべき
基本的なアナリティクス用語を解説します。

クレメア
クレメア
アナリティクスデータを読めるようになると、動画を制作する時の参考になるので、ぜひ自身のチャンネルデータを見てみてください。

YouTubeアナリティクスの画面

まずYouTubeでアナリティクス画面を見るために
「右上のアイコン」>「YouTube Studio」の順にクリックします。

その後、左にある
「アナリティクス」をクリックした後に
「リーチ」のタブをクリックしてください。

そうすると上記のような画面が出てきます。

クレメア
クレメア
今回は、ここに載っている用語を解説します。

インプレッション数って何?

まずインプレッション数は
動画のサムネイルがユーザーに表示されるたびにカウントされる指標のことです。

クレメア
クレメア
上記の画像では、8つの動画がそれぞれ「インプレッション数1回増えた」ということになります。

そもそも動画がインプレッションされないと
動画の視聴回数は伸びていかないのでとても重要な数値になります。

クレメア
クレメア
「そもそもどれくらいの回数、ユーザーにサムネイルが表示されたのか?」を示す指標です。

インプレッション数にカウントされるのは
動画のサムネイルが50%以上かつ1秒以上画面に表示されたときです。

また、インプレッションがカウントされるのは
以下の場所に表示された場合だけになります。

  • 検索結果
  • YouTube トップページ
  • YouTube フィード(登録チャンネル、急上昇、履歴、後で見る)
  • 動画プレーヤーの右側にある [次の動画](自動再生を含む)
  • 再生リストに含まれている動画
クレメア
クレメア
外部サイトの埋め込みやサムネイルの表示が50%未満または1秒未満の動画はカウントされないので、あらかじめ理解しておきましょう。

ちなみにこれらの情報は
全て後ほど紹介する「公式からの情報」になります。

インプレッションのクリック率って何?

インプレッションのクリック率(CTR)は
インプレッションの何%が視聴に繋がったか?を示す指標です。

インプレッション数は表示された回数ですが
インプレッションのクリック率は表示されたうちの
何%がクリックされたのかを示す値になります。

例えば、ユーザーに10回表示され
1回クリックされた場合のクリック率は10%になります。

クレメア
クレメア
YouTubeの全チャンネルと全動画の半数はインプレッションのクリック率が2〜10%です。

このインプレッションのクリック率は
動画のタイトルサムネイルが強く影響します。

YouTubeチャンネルを伸ばしていきたいのであれば
動画を作る前にしっかりとリサーチをして
「動画の企画」を考えることが必要です。

クレメア
クレメア
トップユーチューバーであればあるほど、これらタイトルとサムネの重要性を理解しています。

逆に初心者YouTuberや結果が出てない人ほど
サムネイルはおまけ程度にしか考えていません。

そもそもタイトルとサムネイルが良くなければ
再生すらされない
ので、再生数が少ない人は
タイトルとサムネイルの改善を検討してみましょう。

クレメア
クレメア
サムネイルは有料であればAdobe Photoshopで、無料であればCanvaを使う人が多いです。

その他の用語

そのほかに理解しておくべき用語は
以下のようなものがあります。

視聴者維持率

視聴者維持率は
動画がどれくらい視聴されているかを測る指標です。

この数値が40%以上を超えると
視聴者に見続けられている良い動画と言えます。

クレメア
クレメア
「冒頭にオープニングを入れることをオススメしない」のは、視聴者維持率のデータを見ると理解できますよ。

総再生時間

総再生時間は名称の通り
そのチャンネルにアップされた動画が再生された合計時間のことです。

クレメア
クレメア
チャンネルを立ち上げ期にはこの総再生時間を増やし、どれか1本が伸びるまで動画をアップし続けることが大切です。

公式情報を抑える

YouTubeに動画をアップする上で絶対に見るべきが
「YouTubeの公式情報」です。

クレメア
クレメア
YouTubeに関する基本情報は、公式がまとめているので、まずはそれを確認しましょう。

YouTube Creator Academy

まず、YouTubeの原理原則を学ぶために
YouTube Creator Academyを見るのがオススメです。

40個以上のコースがあるので
まずは初級のコンテンツを見ると良いです。

クレメア
クレメア
公式がYouTubeクリエイター向けに情報をまとめてくれているので、これを見ない手はないですね。

\ YouTube Creator Academy を見てみる!  /

YouTube コミュニティガイドライン

続いて見るべきは
YouTubeのコミュニティガイドラインです。

これを見ないでアカウントを運営してると
アカウント削除の対象になる危険性もあります。

クレメア
クレメア
YouTubeというプラットフォームを活用する以上、そのルールはきちんと確認しましょう。

\ YouTube コミュニティガイドラインを見てみる! /

YouTubeヘルプ

YouTubeを運営する上で
わからない用語があった際は、このヘルプで検索しましょう。

クレメア
クレメア
このヘルプを活用することで、アナリティクスの理解が非常に深まっていきます。

\ YouTubeヘルプを見てみる! /

あとがき

私はYouTubeコンサルの仕事をしていますので
興味がある人はこちらのページをご覧ください。

YouTubeコンサルこんにちは、クレメアです。 <この記事はこんな人にオススメ> YouTubeコンサルに興味がある人 ビジネスにYo...