仕事紹介

【初心者向け】動画編集で月3万円稼ぐ方法【初月は○○を作ろう】

こんにちは、クレメアです。

クレメア
クレメア
今回は「動画編集、初心者の方向け」に「YouTubeの動画編集で月3万円稼ぐ方法」を解説します。

<この記事はこんな人にオススメ>

  • 動画編集初心者の人
  • 動画編集で稼ぎたい人
目次
  1. はじめに
  2. 月3万稼ぐ基本的な流れについて
  3. ポートフォリオについて
  4. YouTubeの開設、運営について
  5. 月3万を稼ぐための作業量について
  6. 仕事の取り方について
  7. 中書き
  8. ステークホルダー(利害関係者)について
  9. スキルの掛け算について
  10. マインドセット、心構えについて
  11. おわりに

はじめに

私は現在、動画制作において
動画編集、ディレクター、企画構成の仕事をしており
依頼主として動画編集の発注もしています。

今回はそれらの経験を踏まえた上で
これから動画編集で稼ぎたい人が具体的に何をすればいいのか?

編集者の視点
そして、クライアントの視点から解説していきます。

クレメア
クレメア
これから動画編集で稼ぎたい人は、ぜひ参考にしてください。

月3万稼ぐ基本的な流れについて

結論から言うと
初心者が月3万円稼ぐためのフローは
今回説明する流れを抑えればOKです。

動画編集の基礎スキル

まずは
動画編集の基礎スキルを身につけます

具体的には
カット割り、テロップ、BGM、効果音入れをできるようにし
最低限、動画編集できるようになりましょう。

クレメア
クレメア
この基礎スキルを身につけるだけで、最低限の作業者としての仕事をすることができるようになります。

勉強方法

勉強方法としては無料で勉強する場合は
YouTubeでチュートリアルを検索しても良いです。

お金を払って時間を節約できる場合は
Movie Hacksなどの有料教材を買って勉強するのもオススメです。

\ 動画編集講座「Movie Hacks」 へ /

クレメア
クレメア
勉強期間としては早い人だと2週間、通常は1ヶ月ほどで、簡単な案件をさばけるようになります。

ポートフォリオについて

動画編集の基礎スキルが身についたら
ポートフォリオ、すなわち作品集となる動画を作りましょう。

なぜ、ポートフォリオが大事なのか?

なぜポートフォリオが大事か?というと
「クライアント」が「動画編集者を品定めするための基準」となるからです。

  • カメラマンは写真
  • 料理人は料理
  • ブロガーはブログ記事

を見て判断されるのと同じように
「動画クリエイターは動画」が評価基準となります。

クレメア
クレメア
ポートフォリオがない動画クリエイターは、ただの動画クリエイター志望者に過ぎないので、その状態で応募しても採用される見込みはゼロに近いです。

最初はどんな動画を作るべきか?

私は動画編集を覚えた時
とにかく作ってみたい動画を完コピしてみるところから始めました。

完コピをしようとする過程で
フォントに関する気づき
細かい演出を見る目が育つので、オススメです。

クレメア
クレメア
初期は毎日作成、毎日改善を意識し、作成できる動画のクオリティを上げていきましょう。

激安案件をこなすのもあり!

自分で動画素材を用意するのが面倒な人は
採算を考えずに激安な案件をこなすのもありです。

なぜ採算を考えないか?というと
クライアント視点でみた時に未経験者に頼むメリットは
コストが安いくらいしかないから
です。

単純な話、これら2人がいた場合

  • 単価5000円の未経験者
  • 単価5000円の編集歴半年の人

未経験者ではなく経験者に仕事が来ます。

クレメア
クレメア
最初から稼ごうとするのではなく、最初は経験を優先した方が後々稼げるようになりやすいです。

極端な話、最初は無料でも良いので
経験を積むために、動画編集をするのが良いでしょう。

ちなみに初月から焦って稼ごうとすると
精神的にキツくなるので、あまり考えない方が良いです。

クレメア
クレメア
SNSを見ると初月で月収10万みたいな人もいますが、それらの人は過去に何かしらの積み重ねがある場合がほとんどなので比べないようにしましょう。

YouTubeの開設、運営について

これから動画編集者になる人に最もオススメなのが
自分でYouTubeを開設して、運営すること
です。

クレメア
クレメア
なぜYouTubeを始めるべきか?理由は3つあります。

理由1:チャンネル自体がポートフォリオになるから

1つ目の理由は
YouTubeに動画をアップすると
そのチャンネル自体がポートフォリオになるから
です。

クレメア
クレメア
クライアント側にとっても1つ1つ動画ファイルで送信されるより、YouTubeに動画を上げてくれる方がポートフォリオが確認しやすく便利です。

理由2:他の編集者との差別化になるから

2つ目の理由は
動画編集者であり、かつYouTubeに動画をアップしてる人は
それだけで他の動画編集者との差別化になる
ためです。

クレメア
クレメア
特に他のYouTuberの動画編集で稼ぐ場合、自分のアカウントを運営していることはかなり強みになります。

理由3:YouTubeに関する知識と経験が積み重なっていくから

3つ目の理由は
YouTubeに関する知識と経験が積み重なっていくからです。

自分でYouTubeに動画をアップしておけば
少なからずアナリティクスのデータが溜まっていきます。

そのデータを元に総再生時間や
インプレッションやクリック率、視聴者維持率の概念を理解すると
後々、さらにアタマ1つ抜け出すことができます。

クレメア
クレメア
他にもYouTubeをオススメする理由はいくつもありますが、とにかく動画編集者の方はYouTubeチャンネルを運用するのがオススメです。

注意点:広告収益を得るのは難しい

ただ、1つ断っておくと
最初に作ったチャンネルが伸びていき
広告収益が得られるようになることはほとんどありません

それはなぜか?というと
YouTubeでチャンネルを伸ばすには
事前にしっかりコンセプトを考えた上で運用しないと
結果が出ることはほぼありえないから
です。

クレメア
クレメア
YouTubeは複数チャンネルの運用ができるので、最初はお試し感覚でやってみることをオススメします。

月3万を稼ぐための作業量について

作業量の目安は次のようになります。

単価3000円で月10本、1本あたり4時間で作るとして作業時間は40時間。
単価5000円だと月6本、1本あたり6時間で作るとして作業時間は36時間。
単価10000円だと月3本、1本あたり8時間で作るとして作業時間は24時間。

クレメア
クレメア
単価が上がるとその分のクオリティが求められるので、だいたいこんな感じになります。

最初は
「動画編集できる人にお願いしたい」で仕事が始まりますが
目指すべきは「あなたにお願いしたい」と指名される状態
です。

クレメア
クレメア
そうなるためにも動画編集初期はクオリティの引き上げに徹底的にこだわっていきましょう。

仕事の取り方について

仕事の取り方としては

  • プッシュ型
  • プル型

の2種類があります。

プッシュ型の仕事の取り方

まずプッシュ型の仕事の取り方では
動画編集者側から仕事を取りにいきます。

仕事を探す場所としては

  • クラウドソーシングサイト
  • SNS

が基本です。

クレメア
クレメア
最初は基本的にこちらのプッシュ型の営業活動をすることになります。

プッシュ型のメリット:仕事を探しやすい

プッシュ型のメリットは
「仕事を探しやすい」点です。

クラウドソーシングサイトでは「YouTube」と検索
SNSを活用する場合はTwitterで「動画編集 募集」などで検索すると
案件が出てきます。

クレメア
クレメア
オンラインサロンなどに所属して、その中で仕事を探すという手もあります。

プッシュ型のデメリット:競争に巻き込まれやすい

ただ、プッシュ型には
「競争に巻き込まれやすい」というデメリットがあります。

ネット上の案件は基本的に
1つの案件に対して数十人程度の人が応募しています。

そのため価格競争が起きやすく
10回応募しても選ばれない可能性があるわけです。

クレメア
クレメア
そこで選ばれる人になるためには、営業文を改善したり、仕事をする上で必要な最低限のマナーを身につけることが大切です。

プル型の仕事の取り方

続いて、プル型の仕事の取り方は
クライアント側から仕事を依頼される仕事の取り方です。

クレメア
クレメア
最終的に目指すべきは、こちらのプル型で仕事を取ることであると言えます。

プル型のメリット:仕事が安定しやすい

プル型のメリットは
「仕事が安定しやすい」点です。

クライアントから指名されてる状態なので
営業に困ることはありません。

もし、単価が低かったら
交渉をして単価を上げてもらうのもありでしょう。

クレメア
クレメア
私が運営するYouTubeも自分から営業せずに、相手から依頼が来る状態なので、プル型の営業メディアの1つと言えます。

プル型のデメリット:時間がかかる

ただ、プル型の営業には
「時間がかかる」というデメリットがあげられます。

プル型で仕事を回していくためには
信頼や実績、思わず依頼したくなるクオリティなどがないといけないので
焦らずに1つ1つ積み重ねていく意識が大切です。

中書き

ということで
ここまでで月3万稼ぐための基本的な流れを解説しました。

クレメア
クレメア
ここから先は月3万円以上を目指す場合に必要な、選ばれる動画編集者になる方法について解説します。

ステークホルダー(利害関係者)について

動画編集におけるステークホルダーは
以下のような人がいます。

  • 発注者であるクライアント
  • 動画編集者
  • 視聴者

です。

場合によっては
ここに「ディレクター」や「営業マン」などが入ってきますが
今回は省略します。

クレメア
クレメア
ここで大事になってくるのが、それぞれのステークホルダーの理想は何か?を知ることです。

ここを知らずに努力を積み重ねても
的外れになる可能性があるので注意してください。

クライアントにとっての理想

まずクライアントにとっての理想は
以下のような動画編集者と出会うこと
です。

  • 金銭的コストが低い
  • コミュニケーションコストが低い
  • クオリティが保たれている
  • 納品までが早い
クレメア
クレメア
どこを重視するか?はそれぞれの案件により変わります。

初心者が注目すべきは「コミュニケーションコスト」

中でも初心者の動画編集者が注目すべきは
「コミュニケーションコスト」
です。

クライアントにとって
連絡の1つ1つは時間的コストにほかなりません。

クレメア
クレメア
そのため、例えば、完成した動画の出来が悪く、修正依頼をしなければいけなかった場合、その動画編集者の印象はかなり悪くなります。

「完成しました!」と言って出された動画に

  • 誤字脱字がある
  • 文字がズレている
  • 効果音の音量が大きすぎる、小さすぎる
  • 動画のテンポが悪い

といった基本的なミスがあると
修正の指示に大幅な時間がかかってしまうためです。

クレメア
クレメア
そのような状況が続くと仕事を頼まれなくなるので注意しましょう。

選ばれる動画編集者の特徴

逆にどんな人が好まれるか?というと
例えば

  • 言われた仕事をキッチリできる人
  • 納期に間に合わなそうな場合、相談できる人
  • 現在の進捗状況を報告できる人
  • 今週の稼働時間を提示できる人
  • わかりやすいメッセージを書ける人

などは仕事がしやすい「選ばれる動画編集者」になります。

ようするに動画編集の仕事も
人と人のコミュニケーションが基本にあるということです。

クレメア
クレメア
他の人と差別化を図りたい人は、ぜひコミュニケーションコストを意識してみてください。

初心者はまず「要望に合う動画」を作れるようになろう!

クライアントの他に
動画編集のステークホルダーには

  • 動画編集者
  • 視聴者

がいます。

初心者から抜け出すには
クライアントの視点ではなく
「視聴者の視点」で動画を作れると、なおよいものになります。

クレメア
クレメア
ですが、動画編集初心者の人は、まず「クライアントの要望に合う動画」を作れるようにしましょう。

動画編集者の中には自分独自の価値を出そうと
「個性的な編集をする人」もいますが、最初はやめておいた方が良いです。

その編集が
「視聴者維持率を維持するために効果的である」という裏付けがあるなら良いですが
そうでない思いつきの編集は基本的に好まれません。

クレメア
クレメア
クライアントの意図を理解しない人の個性的な編集はただの迷惑行為にしかならないので、作るのであれば自分のYouTubeチャンネルの動画として試してみましょう。

スキルの掛け算について

月5万、10万、30万と稼げる金額を上げたいのであれば
「スキルの掛け算」を考える必要があります。

具体的には

  • 基礎スキル
  • トレンドスキル
  • ビジネススキル
  • 本質スキル

の4つに分けて考えていきます。

クレメア
クレメア
自分に足りないスキルは何か?自分が極めるべきスキルは何か?を考えていきましょう!

基礎スキルについて

基礎スキルは

  • タイピング
  • Chromeの拡張機能を使える
  • Zoomで通話できる

などといった仕事に関わる基本的なスキルです。

このスキルがない人は
そもそも土台ができてない状態なので
まずはそういった基本を押さえる
ようにしましょう。

クレメア
クレメア
基礎スキルはできて当たり前のスキルなので、ここができてないと信頼を失うことになります。

トレンドスキルについて

トレンドスキルは

  • 動画編集
  • YouTube運営
  • ライブ配信

など、今の時代に求められているスキルのことです。

流行り廃りが激しいですが
ビジネスで生き残るにはトレンドを抑えることが必要不可欠です。

クレメア
クレメア
長い目で見て生き残っていきたいのであれば、トレンドを抑えるための情報収集は欠かさないようにしてください。

ビジネススキルについて

ビジネススキルは

  • セールス
  • プレゼンテーション
  • マーケティング
  • ライティング

など、どんなビジネスにも関係するスキルです。

このスキルがある人は
どんな仕事でも活躍できる人材になれるので
ビジネスをするならぜひ身につけていきたいスキル
です。

クレメア
クレメア
特に営業やマーケティングは、身につけておくと食いっぱぐれないで済む、最強のビジネススキルと言えます。

本質スキルについて

最後に本質スキルは

  • 問題解決力
  • 言語化能力
  • 読解力
  • 観察力

など、時代や分野に関係なく役に立つスキルです。

クレメア
クレメア
このスキルがある人は、いつ、何をやるにしても結果を出せる人になれるので長期的な視点に立って、身につけておきたいスキルです。

私の具体例

私の具体例を挙げると
例えば私はトレンドスキルとして
「動画編集」
のスキルを身につけました。

そしてその動画編集スキルに
ビジネススキルとして身につけていた
「マーケティング」「セールスライティング」
を組み合わせ

売れる企画・構成が考えられる人として
仕事を頂いています。

クレメア
クレメア
スキルを組み合わせることで、自分の希少価値を上げることができます。

ちなみに、これらの土台にあるのは
「言語化能力」「観察力」といった本質スキルです。

クレメア
クレメア
このような組み合わせが作れると、他の人との大きな差別化になるのでぜひ意識してみてください。

マインドセット、心構えについて

最後にマインドセット、ようするに心構えについて。

動画編集者として稼ぎたいのであれば
「仕事として動画編集をするマインドセット」が大切です。

「仕事として動画編集をやる」とはどういう意味か?というと
「自分の都合」ではなく「相手の都合」を優先するということ
です。

クレメア
クレメア
ここでいう相手は「クライアント」であったり「視聴者」であったりします。

動画編集者として結果が出せない人

動画編集者として結果が出せない人は
「自分の都合」を優先しがちです。

具体例を出すと、例えば
作成した動画の改善点を指摘された場合。

結果が出ない動画編集者は

  • 「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだよ」
  • 「作ったのに文句言うなよ」
  • 「頑張ったんだから」

などと自分都合の言い訳をして、
行動に移すまで時間がかかるか、もしくは行動に移しません

このように
「認めて欲しい」「褒めて欲しい」
という自分の気持ちを抑えることができず

感情的な行動をする人は
冷静に行動できる人に追い抜かれていきます

クレメア
クレメア
感情的に仕事をすると、結果が出るタイミングはどんどんと遠ざかっていきます。

動画編集者として結果を出せる人

それに対して
相手都合を優先できる、冷静な人は
「相手の求めるコンテンツ」を作れるように
なります。

作るのが面倒くさくても
・テロップを入れたり
・BGMを入れたり
・効果音を入れたり
そういう面倒なことをできるからこそ
相手から求められ、必要とされる人材になる
わけです。

動画編集者として稼ぎたいのであれば
ぜひ相手都合を優先できるマインドセットを意識してください。

おわりに

ということで今回は
動画編集で月3万円稼ぐ方法について解説しました。

クレメア
クレメア
お仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

\ お問い合わせページへ /

【在宅ワーク】動画で稼ぐ7つの方法こんにちは、クレメアです。 <この記事はこんな人にオススメ> 本気で在宅ワークに取り組みたい人 家で仕事をする必要...