ツイッターにワードプレスのブログ記事を投稿するときにアイキャッチ画像を自動で表示するための設定方法|Twitterカードリンクの設定方法

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回はツイッターでブログ記事を公開するときに、
アイキャッチ画像が表示されるようにする設定方法について解説します。

プラグイン「All in One SEO Pack」をインストール

まずワードプレス管理画面にアクセスし、
「プラグイン」から「新規追加」を選択。

検索窓で「All in One SEO pack」で検索し、
該当プラグインの「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

インストール後、「有効化」をクリックしてください。

「プラグイン」の「インストール済みプラグイン」で
下記画像のように表示されていれば OKです。

 

All in One SEO Packのソーシャルメディア設定

続いて「All in One SEO pack」の設定を行います。

プラグインの有効化が完了すると、
ダッシュボードのメニューに「All in One SEO」が追加されるので選択し、
その中の「ソーシャルメディア」を選択します。

 

設定項目の中に「画像設定」の項目があるので、
その中の「OG:Image ソースを選択」で「アイキャッチ画像」もしくは「Featured Image」を選択します。

アイキャッチ画像は英語でFeatured Imageです。

 

続いて「Twitter設定」の項目を設定していきます。

画像を参考に上から順番に説明していきます。

「デフォルトTwitterカード」は「要約の大きい画像」に設定します。

「Twitterサイト」は「自分のTwitterユーザー名」を入力します。
僕のTwitterの場合は@cremea_twになります。

「Twitter投稿者を表示」は「✔︎」をつけておきます。

「Twitterドメイン」は自分のツイッターアカウントのドメインを入力します。
僕のTwitterの場合は、cremea_twになります。

 

入力が完了したら、画面下にある「設定を更新」をクリックします。

 

以上でプラグインの設定は終了です。

続いて、Twitter Developerの設定を行います。

 

Twitter Developer の設定

まずはCard validatorにアクセスしてください。
ツイッターアカウントへのログインが必要となるので、ログインしてください。

ログインが完了するとこのような画面が表示されます。

 

「Card URL」に自分のサイトURLを入力し、
「Preview card」をクリックします。

すると「Card Preview」の下に、
Twitterカードのプレビューが表示されます。

「Log」が画像のようになっていれば設定が完了です。

以上で全ての作業が完了です。

お疲れ様でした。

 

反映されるまでには時間がかかる

ここまでで作業は終了ですが、
実際に画像が表示されるまでは時間がかかります。

記事が多い人は数日単位で時間がかかる人がいるので。
設定が終わったらあとはじっくり他の作業でもして待ちましょう。

 

今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで