Macを使ったゲーム実況のやり方|ゲーム音と声を同時収録する方法

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回はMacを使った動画収録に関して解説していきます。

簡単な動画収録は「QuickTimePlayer」を使う

Macで動画を収録する際に使うソフトは、
標準ソフトの「QuickTimePlayer」。

「自分の声」と「パソコンの画面」を収録するだけであれば、
この「QuickTimePlayer」で簡単に収録することができます。

こちらのアイコンをクリックし、

左上のファイルから、
新規画面収録を選べばOKです。

 

ですが、ゲーム実況動画撮る時、
つまりは「ゲーム音」と「自分の声」と「ゲーム画面」を収録したいとき、
初期状態の「QuickTimePlayer」では収録することができません。

その時に必要になってくるのが、
「Sound flower」と「LadioCast」です。

 

必要ソフトのインストール

Macで音ありのPC映像と自分の声を同時収録する場合は、
「Sound flower」と「LadioCast」の2つのソフトをPCにインストールする必要があります。

流れ的には、2つのソフトをインストール後、各種設定をし、
最後に「QuickTimePlayer」を使って録画すればOKです。

では、それぞれ解説していきます。

 

Sound flowerのインストール方法

最新版のSound flowerをインストールする場合は、
下記リンクからファイルをダウンロードしてください。

https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases

 

リンク先の画面中央部にある、
「Soundflower-2.0b2.dmg」をクリックしてダウンロードすればOKです。

 

ダウンロードができない方は、


システム環境設定をクリックし、


セキュリティとプライバシーをクリック、


「App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択してください。

 

 ダウンロードしたら、
「Soundflower-2.0b2.dmg」をクリックして開き、


こちらの画像を参考に、
①「Soundflower.pkg」を右クリック
②「このアプリケーションで開く」にカーソルを合わせ
③「インストーラ.app」をクリックします。


「開く」をクリック。


ここまできたら、あとは右下の「続ける」を順番にクリックしていき、
インストールを完了させてください。

 

このあとは特に作業することはありません。

インストール終了後に、
アイコンが出たりすることはないので、次の作業を進めてください。

 

LadioCastのインストール方法

次にこちらのフリーソフト、
「LadioCast」をインストールしてください。

こちらはAppstoreからインストールができます。
LadioCast – Yosirou Sawayanagi

 


Appstoreで開き、画像で「開く」となってる部分をクリックすればOKです。

 

各種設定方法

音声の入出力の設定


システム環境設定をクリックし、


「サウンド」をクリックします。


①出力タブを選択し、
②「Soundflower(2ch)」を選択します。


①入力タブを選択し、
②お使いの音声入力装置を選択します。

今回は手元にヘッドセットやイヤホンマイクがなかったので、
iMac Pro Microphoneを選択しています。

ヘッドセットやイヤホンマイクがある方は、
そちらを選択するようにしてください。

LadioCastの設定

続いて、LadioCastの設定です。


LadioCastのアイコンをクリックして起動し、
設定は以下の画像のようにします。


入力1:「Soundflower(2ch)」を選択し、「メイン」「Aux1」をクリック
入力2:「使用するヘッドセット/イヤホンマイク」を選択し、「Aux1」をクリック
出力メイン:「使用するヘッドセット/イヤホンマイク」を選択
出力Aux1:「Soundflower(64ch)」を選択

設定は以上となります。

QuickTimePlayerの画面設定


アプリケーションから、
QuickTimePlayerを開きます。


左上のファイルから、
新規画面収録をクリックします。


画面収録のボックスが出てくるので、録画ボタン横のした矢印をクリック。
マイクの設定を「Soundflower(64ch)」に変更します。

これで全ての設定が完了しました。

あとは、LadioCastの画面を見ながら、
画面内の音と自分の声がしっかり出ているかを確認します。

まとめ

手順は以上となります。

複雑に感じるかもしれませんが、
細かく理解する必要はありません。

これで「ゲーム音」と「自分の声」と「ゲーム画面」を、
「QuickTimePlayer」では同時収録することができるようになりました。

お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで