ポメラDM200でアップロードからGmailに2段階認証解除せずにテキストデータを送る方法

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

先ほど、
アマゾンで買ったポメラDM200が届きました。

今リサーチしながら初期設定をしているところなので、
その内容を記事に残していきます。

ということで、
ポメラDM200でアップロードからGmailに、
2段階認証解除せずにテキストデータを送る方法について。

 

ポメラDM200のデータ共有機能

今までのポメラはパソコンにデータを送る際、
QRコードかSDカードにコピーしてデータを移動する必要があり、
最後の共有段階で手間がありました。

しかし、DM200からはWi-Fiを使って、
簡単にデータを送ることができるようになったとのことです。

無駄な手間が省けるのは素晴らしい!

 

今回はその中の1つである、
Gmailにテキストデータを送る方法を共有します。

 

Googleでアプリパスワードを生成

まずGoogleにログインした状態で、
下記リンクをクリックしてください。

Googleアプリパスワード生成ページへ

 

すると、次のようなページが出てくるので、
「端末を選択」の横にある下矢印をクリックし、
「その他(名前を入力)」をクリックしてください。

すると名前を入力できる欄がでてくるので、
そこに「お好きな名前を入力」し、「生成」ボタンをクリックしてください。

僕はわかりやすく「ポメラDM200」と名前を入力しました。

これでパスワードの生成が完了しました。
画像の箇所に、16文字のパスワードが生成されます。

 

ポメラ本体でアップロード設定

次にポメラ本体で、
アップロード設定を行っていきます。

ポメラのメニューから、
ツール→アップロードを選択します。

アカウント設定の画面に移るので、
お使いのGmailアドレスと、先ほど生成したパスワードを入力してください。

ネットワーク設定がまだの方は、
自宅のWi-fiを選択し、パスワードを入力してネットワーク設定をしてください。

すると、下記のような画面に移るので、
開始ボタンをクリックし、テキストデータを送信します。

このように、設定したGmailでメールが確認できたら完了です。

お疲れ様でした。

 

まとめ

ポメラからGmailにテキストデータを送るために、
アカウントのセキュリティレベルを下げ、2段階認証を解除する方法もありますが、
どう考えても危険なのでやめたほうがいいでしょう。

僕も最初検索したら、そのように紹介された記事を読みましたが、
「嘘だろ!?」と思い、さらに検索して違う記事を見つけ、
今回この記事で紹介した方法を試しました。

何も知らずにセキュリティレベルを下げるのは、
ちょっと恐ろしすぎますね。

 

ポメラに関する記事は、
慣れてきた頃に書こうと思います。

 

ということで、
今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで