Macの画面を声を入れて録画する方法|標準ソフトQuickTimePlayerで簡単録画!

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回はMacを使って、
デスクトップ画面を声あり動画で録画する方法について解説します。

 

QuickTimePlayerで「新規画面収録」


まず「QuickTimePlayer」を起動。

 


続いて左上の「ファイル」から
「新規画面収録」を選択。

 


画面収録の黒いボックスが出てくるので、
録画ボタン横のした矢印をクリックし、
マイクを「内蔵マイク」もしくはそれに該当するものを選択。

 


録画ボタンを押すと、
「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」と表示される。

 

そのままクリックすれば画面全体が収録さえ、
画面の一部分を録画したい場合は、ドラッグして範囲指定すればOK。

今回は範囲指定で収録。

 


収録画面を選択すると、このように表示されるので、
真ん中の「収録を開始」を押して収録開始。

 


収録を終える時は画像を参考に、画面右上の「録画停止マーク」をクリック。

 


すると、このように録画された動画が表示される。
左上の「バツマーク」をクリックすると、

 


このようなウィンドウが表示されるので、
お好きな名前をつけて、お好きな場所に保存。

 

これで動画作成は完了です。
お疲れ様でした。

 

 

あとがき

非常に簡単ですが、これだけで画面収録ができます。

誰かに動画で説明したい時や、
忘れたくない作業がある時は、これで録画をすると良いでしょう。

 

この方法で動画を撮って、
YouTubeにアップすることも可能です。

例えばこちらの動画は、
Keynoteでスライドを作って、それを写しながら画面収録した動画です。

 

せっかく無料の標準ソフトでここまでできるので、
どんどん活用していきましょう!

 

ゲーム実況のように、
外部音声と内部音声を同時録音しながら録画したい、
自分の声とゲーム音を同時録音しながらゲーム画面を録画したい場合は、
こちらの記事を参考にしてください。


Macを使ったゲーム実況のやり方|ゲーム音と声を同時収録する方法

今回はこの辺で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで