17Live(イチナナ)人気ライブ配信アプリって何?月収1億超えも。可愛い女の子が生ライブ配信!

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回は、
話題の人気ライブ配信アプリ
「17Live(イチナナ)」をご紹介。

17Live(イチナナ)ってどんなアプリ?

17Live(イチナナ)は生ライブ配信アプリ

17Live(イチナナ)は、
台湾生まれの「生ライブ配信アプリ」

2017年8月に日本に上陸し、
今若者の間で流行りつつある。

視聴回数制限などはなく無料で視聴ができ、
ライブ配信で有名になれば稼ぐこともできる

配信者=17ライバー(イチナナライバー)

17Live(イチナナ)で配信する人のことを、
17ライバー(イチナナライバー)、略してライバーと呼ぶ。

ライバーには可愛い子やイケメンも多く、
視聴だけの人も急増中。

最近かなり話題になってきてることもあり、
芸能人、女優、俳優、アイドル、可愛い一般人、女子高生など、
様々な人がこぞって参戦しつつある。

月収1億超えのライバーも

17Live(イチナナ)では、
ライバーに「ギフト」を贈ることが可能。

ギフトはポイントを購入することで贈ることができ、
基本的に1ポイント=1円で、上の画像のように課金することができる。

そして、
視聴者は課金したポイントをもとに、
自分が推してるライバーにギフトを贈って応援することができる。

ギフトは100円分のギフトから、
10000円分のギフトまで幅広く用意されており、
無料でポイントを集める方法も存在する。

上記の画像は、
ライバーに1万円分のギフトを贈っている様子。

ライバーは贈られたギフトのポイント数のうち、
何%かの割合で実際にお金をもらうことができる。

台湾では富裕層がライバーにギフトを贈りまくり、
月収1億円超えを達成したライバーもいるとのこと。

まだまだこれから伸びるアプリなので、
ライブ配信アプリで稼ぎたい人は、
これを機に始めてみるのも良いだろう。

17Live(イチナナ)はイベントが盛り沢山!

新しいイベントが続々登場!

17Live(イチナナ)では、
毎週のように新しいイベントが開催される。

画像は7月4日現在のイベント。

ライバーは、
好きなイベントに参加し、イベント専用のギフトを集め、
視聴者はギフトを贈って、ライバーがイベントで勝てるよう応援する。

イベント勝者はランキング形式で決まる

上記画像のように、
イベント毎にランキングが発表される。

貰ったギフトのポイント合計が多いライバーほど、
ランキング上位へと上がることができる。

ランキング上位者には、
イベントに応じた商品や賞金、
イベント参加の権利、広告出演権など、
様々なプレゼントが与えられる。

新人のためのイベントも開催!

17Live(イチナナ)では、
これから配信を始める新人が有名になるためのイベントも、
定期的に開催している。

このイベントを通じて、
新人ライバーから一流ライバーの仲間入りをし、
配信始めて1ヶ月で100万円以上稼ぐ人もいる。

17Live(イチナナ)を始めるなら今!

ということで、
いかがだっただろうか?

実は僕もまだリサーチ中ではあるが、
この17Live(イチナナ)は広告にかなり力を入れている。

若者が集まる街、渋谷で広告が出たり、
TV番組で取り上げられたりしているので、
大流行するのも時間の問題だろう。

そして何より、
17Live(イチナナ)は稼ぐことができる。

17Live(イチナナ)の始め方や、
どんな人が17Live(イチナナ)に向いているのか、
無料でポイントを稼ぐ方法などについて、
随時まとめていくので、ぜひ他の記事も読んでいただきたい。

ということで、
17Live(イチナナ)のダウンロードは下記リンクからどうぞ。

Google Play で手に入れよう

何かテキストを入力してください

今回はこの辺で。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで