利己的なマイニング攻撃。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week5-4

前回までの記事はこちら

ーーーーーーーーーー

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

前回に引き続き、カリフォルニア大学バークレー校の無料講義、
「ビットコインと仮想通貨のオンライン講座」で学んだ内容をシェアしていきます。

講義そのものにおいて、

読者対象:ビットコインや仮想通貨について詳しく知りたい全ての人
前提知識:不要

という感じなので、
講義内容を読むだけでもかなり理解が深まるのではないかと思います。

 

文章のスタイルとしては、
翻訳ではなく、個人的解釈バリバリの超訳をしていきます。

荒削りですがスピード重視で、
クレメア的な解釈も交えてお伝えするので、
間違いや意見などあればコメントいただければと思います。

 

また、太字や文字色などの文章の装飾は極力していません。

学びの本質はそこではない、時間がもったいない、あとでできる、
ということで、今回は泣く泣くカットしました。

見辛いかもしれませんが、予めご了承ください。

 

ということで、
講義の内容に沿って進めます。

今回の記事は、
利己的なマイニング攻撃についてお伝えします。

それでは、本題に入っていきましょう。

イントロ:利己的なマイニング

合理的な悪意のあるアクターが、
彼らが行う金額を増やすためにどのように行動するかを検討することは重要です。

以前のモジュール、
具体的にはマイニングの動機を考えてみましょう。

マイナーが利益を最大化する方法があれば、
それがほかの人にとってまったく公正ではないとしても、
そうするだろうと仮定します。

この種の行動の最も良い例の1つは、利己的なマイニングです。

 

利己的なマイニング攻撃

あなたがマイナーであり、
あなたがブロックを見つけたとしましょう。

あなたはネットワークの他の部分より優れているので、
ネットワークを介してブロックを公開し、
ブロック報酬を受け取る代わりに、
ブロックを秘密にしておきます。

ブロックを解放していないので、
あなたは事実上、最も最近のブロックで作業している唯一の人です。

隠されたチェーンに効果的に、
ハッシュ・パワーを100%持っています。

ネットワーク上の他の誰も、
ハッシュパズルを解決しようとすることはできません。

これは、利己的なマイニングと呼ばれ、
ブロックを保留します。

保留したブロックは、シェアを送信してブロックを保留する、
マイニングプールのコンテキストでも使用されることがあります。

ネットワークが次のシークレットチェーンを見つける前に、
シークレットチェーンで2つのブロックを見つけたら、
あなたは突然最長のチェーンを持つことになります。

ネットワークは、
それが最長チェーンでのマイニングだと考えていますが、
あなたが実際に最長のチェーンを持っていることはほとんど分かりません。

あなたは本質的にネットワークをだましました。

正直なネットワークのチェーンよりも、
ずっと前にいると仮定すれば、
あなたは自分のチェーンでマイニングを続けることができるので、
少なくとも2つのブロック報酬を保証しています。

正直なネットワークがあなたに追いついている瞬間に、
あなたの隠れたチェーンを公開することができます。

そして突然、正直なチェーンが無効になります。

あなたのチェーンが最長であり、
ネットワークの正直なノードは最長のチェーンを選択します。

だから、あなたはこの方法でマイニングを続け、
正直なネットワークがあなたに追いつくまで、
システムを不正行為させ続けることができます。

あなたは正直なネットワークよりも、
多くのブロック報酬を保証しています。

最も重要なことは、正直なネットワークが、
意味のある仕事をするチャンスを否定できることです。

あなた自身の秘密のチェーンがあるので、
秘密チェーンを公開するとすぐに正直なチェーンを無効にすることができます。

あなたが正直なネットワークの2ブロック前にいると仮定すると、
正直なネットワークがブロックを見つけたら、
2ブロックの報酬を主張し、
正直なネットワークが追いつくのを防ぐために、
2つの秘密のブロックをブロードキャストします。

これは、正直なチェーンがより短いものになったので、
正直なネットワークのブロックを無効にします。

正直なネットワークが無効にされたチェーン上のマイニングだったので、
あなたは事実上、自分でマイニングする時間を無料で得ました。

あなたには競争がなかったので、
有効なハッシュレートの割合が高くなり、
期待収益率が高くなりました。

ここで重要なことは、悪意のあるマイナーが、
ネットワークの他の部分よりも2つのブロックを高速に見つけることができ、
残りのネットワークが1つのブロックを見つけることができると仮定していることです。

あなたができなければ、あなたの計算は無駄になる計算です。

2つ目のブロックを見つける前に、
ネットワークがブロックを見つけたらどうなりますか?

その後、新しいブロックを伝播する競争になります。

それが判明した場合、
相手の前にブロックについてネットワークの50%と、
ハッシュパワーの25%以上を伝える能力があれば、
悪意のある戦略はより有益です。

あなたがハッシュパワーの33%以上を持っている場合、
毎回伝播レースを失うことがあり、
悪意のある戦略は依然としてより収益性が高いでしょう!

これらの結果の背後にある数学は、
複雑さのためにここでは省略されていますが、
あなたはそれを調べることを奨励する以上のものです!

 

Quick Check 1

利己的なマイニングを説明しているのはどれですか?

  • Miners in mining pools withhold valid mining shares in order to decrease the profitability of the pool.
  • Miners refuse to broadcast information to other nodes in order to maintain an advantage over other miners.
  • Miners withhold valid blocks in order to get a headstart on the rest of the chain.
  • Mining pool operators refuse to pay out miners and reap a massive profit.

 

あとがき

ということで、
いかがでしたでしょうか?

結局はハッシュパワーの51%以上を誰かが保持したら、
その時点でビットコインは崩壊する可能性があるってことですね。

ビットコインを取り巻くステークホルダーは、
非常にたくさんいると思うので、
それぞれの思惑がどう動いてるのかを知りたいなあ。

 

日本語情報でどこかに落ちてないのだろうか。

 

ってことで、
今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

 

次の記事
利己的マイナーからの防衛手段。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week5-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで