ビットコインユーザーの種類。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week4-1

前回までの記事はこちら

ーーーーーーーーーー

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

前回に引き続き、カリフォルニア大学バークレー校の無料講義、
「ビットコインと仮想通貨のオンライン講座」で学んだ内容をシェアしていきます。

講義そのものにおいて、

読者対象:ビットコインや仮想通貨について詳しく知りたい全ての人
前提知識:不要

という感じなので、
講義内容を読むだけでもかなり理解が深まるのではないかと思います。

 

文章のスタイルとしては、
翻訳ではなく、個人的解釈バリバリの超訳をしていきます。

荒削りですがスピード重視で、
クレメア的な解釈も交えてお伝えするので、
間違いや意見などあればコメントいただければと思います。

 

また、太字や文字色などの文章の装飾は極力していません。

学びの本質はそこではない、時間がもったいない、あとでできる、
ということで、今回は泣く泣くカットしました。

見辛いかもしれませんが、予めご了承ください。

 

ということで、
講義の内容に沿って進めます。

今回の記事は、
ビットコインユーザーの種類についてお伝えします。

それでは、本題に入っていきましょう。

第4週目へようこそ

前回までの講義で、
ビットコインの仕組みやメカニズムを学んで来ました。

では、ユーザー視点で考えると、
ビットコインはどのように見えるのでしょうか?

私がビットコインを送受信したり、マイニングしたり、
フルノードを走らせたりしたいのであれば、何をすれば良いのでしょうか?

 

ユーザーエクスペリエンスは、
ビットコインへどのように関与するかによって大きく異なりますが、
ライトユーザー、フルノード、単独マイニング、
またはマイニングファームを運営している場合、
何らかの方法でビットコインネットワークとやり取りします。

このモジュールは、
ビットコインエコシステムのさまざまなユーザーエクスペリエンスに触れていきます。

まず、ビットコインのユーザーの種類について簡単に説明し、
次にユーザーのアイデンティティを管理する方法としてウォレットに移行します。

その後、ビットコインのマイニング手順を標準化し、
現実世界のマイニング力を調査します。

最後に、ユーザーがビットコインとその基礎となるプロトコルを変更する、
さまざまな方法について説明します。

 

イントロ:ユーザーのタイプ

私たちは主にマイナーやカジュアルトレーダーが、
取引所や独自の財布ソフトウェアを使用していると考えることがありますが、
実際にはさまざまなタイプのビットコインユーザーがおり、
それぞれ異なるソフトウェアで分類され、
それぞれ異なる方法でビットコインネットワークと繋がっています。

 

ユーザータイプの主要な構成要素

ビットコインの仕組みに関するこれまでの議論では、
フルノードとマイナーの観点からすべてを説明しました。

彼らはビットコインネットワークとのインターフェイスをとるネットワーク機能を持ち、
ビットコインブロックチェーンの完全な最新コピーを積極的に維持し、
公開鍵と秘密鍵を管理する手段としてのウォレットを持ち、
ネットワークをサポートしマイニング報酬を得るマイニングをするユーザーです。

ネットワーク・ルーティング、マイニング、
完全なブロックチェーンの維持、ウォレット・サービスの処理の合計4つの機能があります。

フル・ノード・マイナーにはすべてが含まれています。

 

しかし、通常のクライアントは、
この機能をすべて必要としません。

たとえば、
すべてのクライアントがマイナーであるとは限りません。

私のコンピュータが十分に速くない場合、
私は利益を得ることはできません。

すべてのクライアントが、
ブロックチェーン全体を持つ必要はありません。

私がちょうど電話を通じてビットコインを送信することになった時、
なぜ160ギガバイト超のブロックチェーンをダウンロードしたいと思うでしょうか?

私の電話はそれほど多くのストレージを持っていません。

特に、頻繁に取引されない場合は、
すべてのクライアントがウォレットを必要とするわけではありません。

 

ブロックチェーン全体をホストしている完全なノードだが、
自分自身を取引することは興味がないとします。

または、別個のウォレットソフトウェアがあります。

最後に、すべてのクライアントを、
ビットコインネットワークやインターネットに接続する必要はありません。

実際には、さまざまなタイプのユーザー間の区別は、
マイニング、ルーティング、完全なブロックチェーン、
およびウォレットによるキー管理のちょうど4つの主な機能で区別するわけではありませんが、
それら4つの機能は、
ビットコインのユーザーエクスペリエンスについて多くのことをまとめています。

 

Quick Check 1

ビットコインネットワーク上のすべてのユーザーは、
ビットコインブロックチェーン全体をダウンロードする必要があります。

  • True
  • False

 

あとがき

 

ビットコインユーザーには、
どんな人がいるのか?という講義でした。

確かに実際の生活をする上では、
ほとんどの人がライトユーザーですからね。

 

実際のユーザーエクスペリエンスは、
ウォレットや取引所から始まるのかなと思います。

今後の講義に注目ですね。

 

ってことで、
今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

 

次の記事
ホットウォレットとコールドウォレット。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week4-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで