ビットコインの基本。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week1-1

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回は、カリフォルニア大学バークレー校の無料講義、
「ビットコインと仮想通貨のオンライン講座」で学んだ内容をシェアしていきます。

講義そのものにおいて、

読者対象:ビットコインや仮想通貨について詳しく知りたい全ての人
前提知識:不要

という感じなので、
講義内容を読むだけでもかなり理解が深まるのではないかと思います。

 

文章のスタイルとしては、
翻訳ではなく、個人的解釈バリバリの超訳をしてきます。

荒削りですがスピード重視で、
クレメア的な解釈も交えてお伝えするので、
間違いや意見などあればコメントいただければと思います。

 

また、太字や文字色などの文章の装飾は極力していません。

学びの本質はそこではない、時間がもったいない、あとでできる、
ということで、今回は泣く泣くカットしました。

見辛いかもしれませんが、予めご了承ください。

 

ということで、
講義の内容に沿って進めます。

今回の記事は、
イントロからビットコインの基本概念までをお伝えします。

それでは、本題に入っていきましょう。

イントロ:第1週目へようこそ

暗号通貨の最初のモジュールへようこそ。
この講義はブロックチェーン基礎における最初のコースです。

この講義の対象となる人は、
仮想通貨ブロックチェーンに熱狂している人、トレーダー、ブロックチェーン開発希望者、
ブロックチェーンがどこでどのように使うことができるか知りたい人など、
どんな人でも基本的にウェルカムです。

ブロックチェーン技術は、
金融、エネルギー、アイデンティティ、IoT業界など、
世界のあらゆる業界で影響を与え始めています。

 

しかし一方で、
ブロックチェーンのユースケースは常に普及しているわけではありませんでした。

初期の頃からブロックチェーンは、
主に暗号通貨で使用されてきました。

ビットコインはブロックチェーンが実装された世界初の発明品です。

 

暗号空間とブロックチェーン空間をより広い意味で理解するためには、
ビットコインを理解する必要があります。

なぜならビットコインは、
世界で最初に開発され、かつ最も長くもっとも広く理解されている、
ブロックチェーンアプリケーションだからです。

 

このモジュール全体を通して、
まずビットコインが何であるか、そして、その主な動機が何かを学びます。

次にビットコインがなぜそのように構成されているのかを、
ビットコインコンセンサスの4つの部分から理解していきます。

 

基本コンセプト

イントロ:ビットコインって何?

このセクションでは、
ビットコインの起源と動機について、
そして、暗号通貨と普通の通貨の間の主要な違いについて学びます。

ビットコインとブロックチェーンに関するよくある誤解を解消し、
サイファーパンクの動きの中にあるビットコインの起源について手短に説明します。

そのあと、
ビットコインと銀行の比較を行い、それぞれの機能を分析します。

 

これらの説明は全て次のセクション下準備です。

次のセクションから、
ビットコインを根本から理解していきます。

次のセクションでは、
これらの機能とサービスをそれぞれどのように組み込み、
それらがどのように一緒になっているかを見ることができます。

 

ビットコインって何?

「ビットコインとは何ですか?」という問いには様々な答えがあるため、
ほとんどの人はこの問いに答えるのに苦悩します。

 

基本コンセプトとは

1番目に、ビットコインは最初の暗号通貨であり、
かつもっとも広く使用されている暗号通貨であると考えられています。

暗号通貨は、
コンピューターサイエンス、暗号化、および経済学の原則をもとに構築された、
完全にデジタルな分散型通貨です。

「ビットコイン」という用語は、
この通貨を管理するプロトコルを指します。

 

2番目に、ビットコインの小文字は、実際の通貨単位を指します。

ビットコインユーザーは、
私たちが米ドルについて言及されたときに一定の金額を持っていると言うのと同様に、
一定のビットコインを持っていると言います。

 

3番目に、ビットコインはブロックチェーンのインスピレーションであり、
この暗号通貨の根本的なデータ構造です。

データ構造は情報を編成、検索、および格納する仮想フォーマットです。

ビットコインブロックチェーンは、
特に、ビットコインの歴史の中で起きている全てのトランザクションの永続的な履歴を格納します。

これは、追加専用元帳であり、
元帳に追加された情報は削除されることはありません。

 

しかし、最も重要なことに、
ビットコインは文化革命です。

サイファーパンクとリバタリアンの理想に根ざしたビットコインは、
プライバシーと分散化への転換を表しています。

この暗号通貨は中央の組織、政府、または企業によって支持されていません。

代わりに、ビットコインのユーザーによって、ビットコインのユーザーのために構築されています。

 

サイファーパンクムーブメントとは

先ほど言ったように、
ビットコインは80年代後半のサイファーパンクムーブメントに触発されました。

彼らは、政府、企業、または大企業が、
プライバシーを尊重することを信用していません。

これらの集中化のポイントは、
何百万人ものユーザーから想像を絶する量の情報を収集することによって、
社会に対して大きな力を蓄積します。

そして、サイファーパンクは、
一般市民の自由を取り除く中心的な存在について、
最初に心配していた人々の一人でした。

 

現代社会における集中化の重要なポイントの1つは、
銀行が全国の経済を支配する金融システムです。

いくつかの異なる企業や研究者が分散型または匿名の通貨を作成しようとしましたが、
全てが失敗しました。

ビットコインは、
暗号通貨として成功を収めた最初の技術です。

 

ビットコインのホワイトペーパー、または研究論文は、
2008年10月にナカモトサトシによってこの世に生み出されました。

このホワイトペーパーは、
ピアツーピア電子通貨の構造と機能に関する9ページの簡潔な提案でした。

ナカモトサトシは、個人またはグループのペンネームであると考えられていて、
誰も彼、彼らの本当のアイデンティティを知りません。

 

しかし、重要なことに、このホワイトペーパーでは、
取引を行うために財務仲介機関に頼ったり、誰かを信頼したりしない通貨が想定されていたことです。

ビットコインでは、ユーザーは実際のIDを使用する必要はありません。
代わりに、ランダムな文字と数字の文字列であるアドレスで表されます。

ビットコインは第三者の手が介入することなく、
プライバシーを保護しながら取引する自由をユーザーに与えます。

 

では、ビットコインはどのようにそれを実現しているのでしょうか?

機能的な部分において、
ビットコインネットワークはトランザクションを検証し、
トランザクション履歴全体を格納します。

実態として、ビットコインネットワークは、
ビットコインプロトコルの一部として相互に通信するユーザーのグループのことです。

このネットワークは、中央銀行の代用品として機能し、
正しく機能するための特定のプロパティを持っていなければなりません。

 

ナカモトサトシのイノベーションとは

ビットコインは、検閲や集中化の対象ではない、
オープンでアクセス可能な暗号通貨を作成しようとしています。

 

しかし、何が問題なのでしょうか?

検閲や集中化の対象ではないオープンでアクセス可能な暗号通貨を作成しようとすると、
ユーザーアカウントに関する情報を要求する中心的な当事者がなく、
悪意のあるユーザーを蹴散らしたり検閲したりする中心的な当事者が存在しません。

分散型ネットワークは、一般にこれらの問題を抱えており、
中心的な当事者とネットワークに存在する悪意あるユーザーとの間に矛盾が生じます。

中心的な当事者がいなければ、
悪意あるユーザーを排除できないということです。

 

最も一般的な攻撃は、二重支払い攻撃と呼ばれます。
二重支払い攻撃とは、ある価値がその価値以上に使われる攻撃です。

実際の生活では、二重支払いを防ぐのは簡単です。
ドル紙幣をコピーして貼り付けることができないからです。

しかし、デジタル通貨の場合は、
仮想トークンが複数の人の手元にないという保証が必要です。

デジタルなものはコピーが簡単ですからね。

ビットコインのテクノロジーは、
ネットワーク内の「ノード」またはコンピュータが、
誰でも自由にネットワークに出入りできる状態を保ちながら、
分散型システムが抱えるこの問題を解決しようとしています。

ビットコイン以前に分散型システムに失敗してきた多くのプロジェクトは、
集中化を完全に取り除こうとし、失敗してきました。

 

ビットコインは、
どのようにこれらの問題を解決するのでしょうか?

ビットコインはこれらの問題を2つの方法で解決します。

1つ目がブロックチェーン、
2つ目がProof-of-Workのコンセンサスプロトコルです。

いずれもナカモトサトシの最も人気があり影響力のあるイノベーションです。

この2つの理由により、
インターネットとコンピュータにアクセスできる人は誰でも、
ビットコインネットワークに参加できます。

ビットコインネットワークには、
連邦準備制度の銀行または同等のものはありません。

その代わりに、誰もは自分でトランザクション履歴を検証して監査することができます。

そして、金銭の創造さえも中央の権威ではなく、
Proof-of-Workのマイニングのプロセスから決まります。

 

Quick Check1

個人の権利とプライバシーを促進したグループはどれですか?(複数選択可)

  • Libertarians
  • Cypherpunks
  • Communists

 

Quick Check2

ビットコインの主な問題は、財務の非効率性でした。
「ビットコインは集中化の非効率性を目指していませんでした。 実際、ナカモトサトシは分散ネットワークの予期せぬ非効率性にもかかわらず、非効率的なシステムを推進しました。 ビットコインは、権力を分散し、プライバシー中心の技術を可能にすることに重点を置いていました。」

  • true
  • false

 

ビットコイン vs 銀行

ビットコインは中央機関である銀行を取り除くことを目指しています。

その仕組みを理解するためには、
まず銀行がどのような目的を果たしているのか、
銀行がユーザーに提供する機能を理解し、ビットコインとの類似点を理解する必要があります。

 

銀行が最初に行うこと、それは口座管理です。

銀行は、銀行口座の正当な所有者であることを確認できたときだけ、
私たちが資金を使えるようにします。

 

では、銀行はどのようにこれを実現しているのでしょうか?

まず銀行は、
何かしらのアクションが起こる前に、
身分証明書の提示を求めています。

私たちが行っているあらゆる取引は、
私たちのアイデンティティに遡ることができます。

それに加えて、
銀行はあなたの代わりにお金を譲渡して償還しています。

私たちは送金をする際、
お互いに銀行を通じて送金します。

そして私たちは、
口座残高の正当な記録を銀行に任せています。

これらより、
私たちは封筒にお金を入れて親戚に送金する必要はありません。

これらの中央機関は、
安全で確立された方法でお金を移動させるようにしています。

これらすべての情報を把握するため、
私たちは銀行が全ての口座残高を把握することを任せています。

銀行は、新しい取引を行うたびに口座残高を更新します。

銀行はまた、あなたが過去の活動の履歴を知るための通帳を見せてくれます。

 

しかし、最も重要なことに、
銀行は信用を提供しています。

銀行は、トップクラスの大学の教育を受けた専門家によって、
そして米国政府の絶え間ない規制の下で運営されています。

米国政府の教育と基準の質を信頼すれば、
あなたはその銀行を信用することができます。

 

しかし、そうでなければ、
代替案を探し始めるでしょう。

ここでビットコインが登場します。

 

ではここから、
ビットコインが銀行の機能を果たす方法を見ていきましょう。

ビットコインは、
アイデンティティとアカウント管理は完全に自律的です。

ビットコインの各ユーザーは、
銀行に作成する代わりに独自のIDを作成します。

誰でも自分でビットコインのIDを生成することができます。

このアイデンティティーは、
現実の世界のアイデンティティから切り離され、
高いレベルのプライバシーを提供します。

 

さらに、取引はピアツーピアでもあります。

ビットコインでは、ユーザー間の取引は、
信頼できる第3者の取引先の存在なしにネットワーク全体によって検証されます。

これらの情報をすべて保存するために、
各ビットコインユーザーがそれぞれ元帳のコピーを所有します。

このような分散された記録保管方法は、
情報を不誠実に記録する可能性のあるノードの障害にもかかわらず、
データの整合性を保証します。

分散型のビットコインは、
単一障害点のリスクを防ぎます。

特定のノードがビットコインでハッキングされた場合、
誰もがレコードキーパーであるため、
残りのネットワークはトランザクションレコードの完全性を保証し、実行を継続できます。

 

そして最後に、私たちがビットコインを使うのであれば、
私たちはビットコインに信頼を置く必要があります。

私たちは人を信頼する代わりに、数学と論理を信頼します。

私たちはビットコインプロトコルが正しいと信じており、
ユーザーを信用せずにトランザクションが正しく検証されていることを確かめています。

これらビットコインの技術革命が、
暗号通貨ムーブメントをスタートさせたのです。

 

Quick Check 1

ビットコインはどの銀行の機能を模倣していますか?

  • Identity authentication
  • Financial services
  • Record-keeping
  • Trustability
  • All of the above

 

あとがき

ということで、
いかがでしたでしょうか?

 

初めは講義メモにしようと思いましたが、
どこも濃密だったので、ほぼ全文超訳する感じになりました。

全15分に満たない動画でしたが、
文字にするとかなりの分量になりますね。

いずれ時間があるときに、
動画化したいなと考えています。

 

このような勉強は好きですが、
あまり経済的に価値を生むものではないので、優先度に困りますね。

需要があれば、時間を作って、
解説とか付け加えるのもありですね。

英語翻訳をしながらだと、
さながら現代文読解に近いものがあります。

 

講義を受けている人がいたら、
一緒に内容理解を深めていけたらなと思っているので、
気軽に絡んでください。

 

今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

 

次の記事
ビットコインとアイデンティティ。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week1-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで