【完全版】やる気が出ない時に効く!モチベーション管理術!自分のモチベーションを管理して人生を豊かにする方法をわかりやすく解説!

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

自分のモチベーションを上げるために最も大事なこと、
それは「モチベーションを管理する視点」を持つことです。

僕はモチベーションの管理を、
非常に大事に考えています。

 

でも、普通に生きていたら、
モチベーションを管理する方法なんて、
学ぶ機会、ないですよね?

今回は、それを言語化して、
皆さんが行動に移せるための環境づくりをしました。

 

モチベーションが上がらずお悩みの方は、
ぜひ今回の記事に書かれていることを参考にしてください。

ということで、本編をどうぞ。

 

モチベーションを上げにくい日本人の性質

そもそもの話として、
僕ら日本人は自分でモチベーションを上げるのが苦手です。

遺伝的に苦手とかではなく、
普通に生きていると、モチベーションを上げにくい考え方が、
自然とアタマの中にインストールされる社会になっているのです。

 

そのモチベーションを上げにくい考え方とは、
一体何なのか?というと、

「完璧主義」の考え方です。

 

僕らは普通に生きていると、周りの目を意識して、
「誰から見ても完璧な人物像」と「自分」を比較してしまいがちです。

そして、この、
「誰から見ても完璧な人物像」と「自分」を比較する。

これを繰り返していくと、
「完璧でならないといけない」という考えが脳に染み込み、
完璧主義となってしまうのです。

 

完璧主義の人が陥る落とし穴

では、完璧主義になると、
人はどういった行動を取るのでしょうか?

 

例えば、何か新しいことを始める時。

無謀な目標を掲げたことはありませんか?

 

  • 1日かけて本を3冊読もう。
  • 毎日12時間勉強を頑張ろう。
  • 1ヶ月で10kg痩せよう。
  • 毎日1時間筋トレしよう。

 

今までやったことないのに、
いきなりキツめの目標を掲げてしまう。

やったことある人、多いと思います。

 

昔の僕もそうでしたが、これが完璧主義の人がよくやる、
モチベーションがどんどん無くなっていく考え方なんです。

 

高いハードルがモチベーションを削いでいく

こういう無謀な目標を掲げると、
初めは無理してどうにか頑張れても、

 

  • とりあえずテレビ見てからにしよう。
  • とりあえずご飯食べてからにしよう。
  • とりあえず寝て、明日から頑張ろう。

 

と、やるべきはずのことが、
どんどんと後回しになってしまいます。

人は高いハードル跳び続けることが、
なかなかできないものなんです。

 

高いハードルを目の前にすると、
潜在意識が「できない」と考えて、
実際に行動にも移せなくなっていきます。

この状態に陥らないためにも知っておくべきこと、
それが「やる気はやらないと出てこない」という事実です。

 

超重要「やる気は外部刺激から生まれる」

 

「やる気はやらないと出てこない」

これを別の言い方で言い換えると、
「やる気は外部刺激から生まれる」ということです。

 

え?やる気って内から湧き出るものじゃないの?

と思う方もいるかもしれませんが、
そうじゃないんです。

 

黙ってじーっと突っ立っていても、
やる気は湧いてきません。

小さなアクションでもいいんです。

小さなアクションを起こして、
そこから得られる外部刺激が次に繋がるやる気を引き出してくれます。

 

まずは目次だけでいいから、3分だけ読んでみる

例えば本を読みたいのであれば、
目次の部分だけでいいから、3分だけ読んでみてください。

目次の部分をパーっと読んでみると、
気になる部分が見つかるかもしれません。

そしたら初めの方は飛ばして、
いきなりそこから読み始めるんです。

 

別に本は1ページ目から読まなければならない、
決まりがあるわけではありません。

そうやって、
今できる小さな一歩から始める。

すると、
その外部刺激が新たなやる気を生み出してくれます。

 

やる気を生み出す小さなアクションの具体例

勉強をしたいのであれば、
いきなり難しいことはやらずに、
小学生でもできる計算問題からやってみる。

ダイエットをしたいのであれば、
走るのではなく、靴を履くところからやってみる。

筋トレをしたいのであれば、
ダンベルを1回だけ持ってみるんです。

 

「ちょっとやる」のがポイントです。

 

  • ちょっとだけ勉強する。
  • ちょっとだけ靴を履いてみる。
  • ちょっとだけダンベルを持ってみる。

 

この「ちょっとやるマインド」で行動すると、
自然と完璧主義がいなくなってくれます。

 

モチベーションは資産

ここで1つ、
モチベーションに対する考え方について。

モチベーションは、
僕らが持つ限りある資産の1つです。

 

モチベーションは放っておくと、
時間とともに消えていってしまいます。

時間が経つにつれて、
自然とモチベーションが高まる人はいませんね?

モチベーションは僕らの行動を促すガソリンですが、
使わなくても、メンテナンスしなくても無くなってしまうものなんです。

 

実はこれ、
皆さんがよく知る何かと似ていませんか?

そう、モチベーションは時間と似ているんです。

 

モチベーションと時間の共通点

モチベーションと同じで、
「時間」も僕らが持つ限りある資産の1つです。

 

どんな人も1日は24時間。

時間は貯めておくことが出来ず、
放っておくと勝手に消えていってしまいます。

その限られた時間をいかに有効活用できるかで、
その人の人生は決まっていきます。

 

貴重な時間を垂れ流していると、
なんだかもったいない気がしますよね。

 

モチベーションも同じです。

モチベーションも貯めておくことが出来ず、
時間の経過とともに、勝手に消えていってしまうものなんです。

 

多くの人はそれに気づかずに、
モチベーションを垂れ流し続けています。

もったいないですね。

 

逆に言えば、結果を出し続けている人たちは皆、
これら時間とモチベーションを上手に管理しています。

そして、驚くことに、
「モチベーション」と「時間」は「お金」と違って、
誰しもが持ってる資産なんです。

 

モチベーションと時間は誰しもが持ってる資産

これって、すごいことだと思いません?

 

僕らは生まれながらにして、
少なくとも金銭的には不平等です。

お金持ちの家に生まれるか、そうでないかによって、
人生の選択肢は天と地ほど違ってきます。

お金持ちの家に生まれなければ、
なかなか金銭的に成功するのは難しいように思われます。

 

でも、金銭的に不自由な家庭に生まれた人の中から、
大出世して金銭的に成功を収める人もいますよね。

配られたカードをうまく使って、
どうにか良い結果を出す人がいるんです。

 

この差はどこにあるのか?というと、
時間とモチベーションという資産を、
どれくらい有効活用できるかという差から生まれているんです。

つまり、
時間とモチベーションを管理する方法を知れば、
人生を豊かにできるということなんです。

 

具体例・今、僕が実際にやっていること

僕はこの考え方を知ってから、
自分の時間とモチベーションを徹底的に管理するよう務めています。

 

例えば、僕は約2年前に、
こちらの約5万円のダイソンのドライヤーを買いました。

紹介記事はこちら。
年収444万以上の人は買い!?異次元レベルの超速乾。大風量。ダイソンのドライヤー「スーパーソニック」の世界

ドライヤーに5万円ってバカじゃないの?と思うかもしれませんが、
僕はそうは思いません。

記事の中でも話していますが、
僕はこのドライヤーを通じて「時間を買っている」と考え、
具体的には年収444万円以上であれば買いだと考えています。
(この年収は個人差があるので一例ですが)

お金という替えが効く資産を使い、
替えの効かない時間を買っているイメージです。

 

お金のかかってないものでいうと、
こちらの倍速ツールとかもそうですね。

紹介記事はこちら。
YoutubeやAmazonビデオを無料で倍速で見れるGoogle Chromeの拡張機能。Video Speed Controllerの紹介。この神ツールは活用必須。

こちらは「限りある時間を有効活用するため」に導入しました。
無料なので超オススメです。

 

他にも色々紹介記事を書いているので、
興味がある方は、こちらのプロフィール記事をみてください。

一番下に紹介記事が全てまとめてあります。


クレメアのプロフィール|Create Meta Ideaへ

 

僕はこのように、
時間とモチベーションを常に意識しています。

時間とモチベーションに対してお金を使うかどうかは、
投下するコストと期待できるパフォーマンスによりますね。

コスパを考えているということです。
(コスパ記事は今度書きます)

ここで大事なのは、
今の自分にできる範囲の資産管理術を実施することだと、僕は思います。

お金がない人でも、
時間かモチベーションはあるはずです。

 

今、会社で働いている人は、
お金があって、時間がないかもしれません。
モチベーションはその時々によるでしょう。

今、働いていない人は、
お金がなくて、時間はあるかもしれません。
モチベーションはその時々によるでしょう。

 

今持ってる資産は、人それぞれ違います。

大事なのは、それを自分で管理して、
自分の人生を良くする方向に持っていくことです。

 

他人に自分の資産管理を任せても、
そこで自分にとって都合の良い仕組みが回っていなければ、
うまくいかないので注意が必要です。

自分で試して、自分で考えて、
自分の資産管理をまずはやってみる方が良いでしょう。

 

お金という資産が少ない人が、
無理してお金を使う必要はないですからね。

でも、ただお金を貯めるのも違くて、
色々なことに使ったりして、調整していきながら、
資産管理する術を身につけていくのが現実的なのかなと思います。

 

ということで、長くなってきたので、
ここら辺にしておきます。

 

ってことで、今回はこの辺で。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

 

PS

行動できなくて悩んでいる人は、
この記事がおすすめですよー。


行動できないあなたへ|頭では分かっているけれど、行動できないを辞める方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで