仮想通貨が世の中に知れ渡る前の2016年6月DAO事件の頃の雰囲気を今思い出せる限り残しておこうと思う。

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回はタイトル通り、
仮想通貨が世の中に知れ渡る前の話。

世の中に知れ渡る前は、
一体どんな感じだったのか。

記憶が薄れる前に、
今思い出せるだけ書き残しておこうと思う。

仮想通貨が知れ渡る前

2018年7月現在、
仮想通貨はもう世の中に知れ渡っている。

連日、仮想通貨のニュースは、
当たり前のようにツイッターを駆け巡るし、
新聞で一面扱いになることもある。

ビットコインは若い人ならほとんどの人が知ってるし、
ICOは今やどの業界の人も注目している。

 

でも、そんな仮想通貨も今から約2年以上前は、
全くと言って良いほど無名だった。

では、当時の仮想通貨界隈はどんな状況だったのか?

振り返ってみよう。

 

ブログは片手で数えるほど

今では考えられないことだが、
当時は仮想通貨ブログが物凄く少なかった。

検索してもブログはヒットせず、
仮想通貨を調べようにも日本語情報がない時代。

 

当時の僕が目にした記憶があるのは、
Koji Higashi(@Coin_and_Peace)さんのビットコインダンジョン2.0と、
大石哲之(@bigstonebtc)さんのビットコイン研究所ブログくらい。

仮想通貨系のブログが増えてきたのは、
明らかに取引所のアフィリが始まってからだ。

 

この時期からブログをやってる人は、
先見の明しかないと思う。尊敬。

 

ツイッターの界隈は数十人と狭かった

当時のツイッターは、
かなり界隈が狭かった印象。

盛り上がって話してるのは、
せいぜい数十人くらいだったと思う。

クソICOの話やマルチの話で盛り上がり、
ワイワイやっていた印象だ。

 

今は、色々な背景にある人が、
こぞって仮想通貨界隈に入ってきており、
正直よくわからない。

 

これも取引所アフィリが始まってから、
どっと増えてきた印象。

わかりやすいブログ記事も増え、
一般人の流入もかなり増えた。

 

こう考えてみると、
一般人へのリーチにブログはかなり強くなってきてる気がする。

 

YouTubeの仮想通貨関連動画は皆無

ブログが少なかったのはともかく、
YouTubeの動画はもはや皆無だった。

今は有象無象があれこれ喋ってる動画があちらこちらで見られるが、
当時はそんな動画を見た記憶がない。

 

あ、1つ思い出せるのは、
ADAコインの泉忠司氏のプロモーション動画だ。

すしざんまいのポーズが印象的で、
皆さんの資産が10倍、100倍、1000倍になります。
的なことを言っていたと思う。

そして、そのコメント欄に、
私は山田武と申します。息子の太郎と次郎にも、この動画を見せ、ADAコインを買わせようと思います。
と、個人情報バリバリのコメントがあったのにも驚いた。

 

世の中、いろんな人がいるなあ。
泉忠司氏の訴求力は凄いんやなあ。
この人、仮想通貨買っても自分で管理できないだろうなあ。
などといろんな感情が駆け巡った。

スクショ、撮っておけばよかった。

 

新聞に載って大騒ぎ

当時、仮想通貨が新聞で話題になることは、
ほとんどなかった。

たまーに小さい記事で、仮想通貨関連の記事が載ると、
「おおおおお!!!」と心躍るくらい。

そもそも世間一般で、話題になることがまあなかった。

 

ビットフライヤーが2017年1月に、
「仮想通貨元年」の新聞広告を載せ、TVCMを流し、
いやいや、なんか小っ恥ずかしいなあと思ったのを覚えている。

今思い返すと、
あのタイミングで仮想通貨に参入した人は、
皆かなり儲かったんじゃないかな。

 

そして起こるThe DAO事件

忌まわしき、The DAO事件。

知らない人のために軽く説明すると、
The DAO事件は当時の価値で約65億円相当のETHが盗まれた事件のこと。

 

The DAO事件の影響

2016年5月、
The DAOというプロジェクトが、 ICOで約150億円もの資金を集め、
当時のクラウドファンディングの史上最高額を更新し話題になった。

その1ヶ月後の2016年6月17日に、
The DAOに潜んでいたバグを利用した人が、
約65億円相当のETHを盗み市場が大パニック。

 

DAOが大暴落し、
それにつられてETHも大暴落。

当時世界で最も有名な仮想通貨取引所、
ポロニエクスでもパニック売りが加速した。

 

でも、この事件を機に「ICO」が世界で注目され始め、
SEC(米国証券取引委員会)も本腰を入れ始めた気がする。

The DAO事件が起きてからの半年くらいは、
仮想通貨界隈は喪に服したような雰囲気で、暗かった記憶がある。

 

ちなみにイーサリアムクラシックが生まれたのは、
このDAO事件があったから。

それを知らずに、
イーサリアムクラシック買ってる人も多いだろうね。

 

あとがき

他にも色々あったと思うけど、
思い出せるのはざっくりとこんな感じだ。

詳細を思い出せたら、
また書こうと思う。

 

ここで思うのは、
やはり「英語の壁」は大きいということ。

昔は日本語情報は少なかったけど、
英語で検索すれば普通に情報はたくさん落ちていた。

それでも、英語の壁があるから、
ほとんどの人は仮想通貨を知らない状態だった。

 

逆に考えれば、英語で書かれてる情報が、
だんだんと日本語で整理され始めた時から、
仮想通貨界隈に参入する人が増えてきた印象がある。

英語ができる人は、
情報も早いから、やっぱり得だね。

 

日本語情報が少ない時期からいる人は、
最近はあまり目にしなくなってるのも面白い笑

 

ということで、
今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで