【WEB集客】どのSNSから始める?Twitter、Youtube、ブログ、メルマガの4つを比較したメリット・デメリット

こんにちは。クレメア(@cremea_tw)です。

今回はWEB集客を考えてる事業者向けに
「どのSNSから始めれば良いのか?」という話をします。

 

2019/05/08現在
私が以前、よく活用していたメディアは

  • Twitter
  • Youtube
  • ブログ
  • メルマガ

これら4つがメインになりますので
これら4つを中心にお話しいたします。

 

ということで
さっそく本題に入っていきましょう。

SNS運用に必要な7つのこと

まず、どのSNSを運用するにも
必要なものが7つあります。

そのうち6つがこちらです。

  • お金
  • 時間
  • 経験
  • 人員
  • 覚悟
  • スキル

これらがあると運用がうまくいきやすいです。

逆に言えば
これら6つのうち足りないものがあると
WEB集客を目的としたSNS運用はつまずくと思った方が良いでしょう。

 

そして最後の1つがこちら。

  • 継続

どんなにお金や時間があっても
「継続」できなければ結果は出ません。

 

継続だけは
どのSNSをやるにも必要です。

 

WEB集客は意外と「泥臭い作業の繰り返し」なので
そちらを念頭に置いていただいた方が良いでしょう。

【WEB集客】SNS運用を考える事業者が理解すべき7つのこと

2019.05.09

 

ただ、WEB集客には
他にはない最高のメリットが存在します。

それは何か?というと「レバレッジ」です。

どのSNSも基本的に
継続して努力をしているとレバレッジが効いてきます。

 

この「レバレッジ」があるからこそ
事業者はWEBを活用すべきであると断言できるのです。

 

夢を現実に変えるWEB集客の魅力

現実世界で
1人の人に営業をしている時
他の人は放ったらかしです。

その人が何かしらを受注してくれれば良いですが
そうでなかったら、その営業時間は無駄になります。

理想的なことをいれば
「無数の人」に「同時に営業をしたい」ところでしょう。

 

その夢を叶えるのがレバレッジの効く
WEB集客の世界です。

WEB集客は
メール1通送って、売上1000万円が成り立つ世界です。
※販売する商品と読者数、メール内容によります
※私自身、過去にメール1通で売上1000万程度は販売経験あり

もちろん、そこに辿り着くには
通常、数年単位の長い年月と積み重ねが必要です。

 

見込み客となる読者を集めなければいけませんし
ライティングスキルなども磨かないといけません。

売上の上がる文章を書くには
専門的なスキル(セールスライティング)が必要です。
※センスのある人で習得に1年以上かかるとみてください

 

ですが、メール1通で売上1000万という未来があるというだけで
WEB集客を始める価値はあるでしょう。

現実世界でいくら頑張り続けたところで
レバレッジは効いてきませんからね。

社会人1年目の新人店員が
社会人20年目のベテラン店員になったところで
100人同時に接客できるようになるわけではありませんから。

 

ということでまとめると
WEB集客はレバレッジが効くからオススメ!
メール1通で売上○○万円も夢ではない!という話でした。

で、ここに繋がる話として
続いて4つのSNSのメリット・デメリットの話をします。

 

4つのSNSのメリット・デメリット

ここからTwitter、Youtube、ブログ、メルマガに関して
ザックリとですがメリット・デメリットを紹介していきます。

Twitterのメリット・デメリット

>メリット

  • 無料
  • 速報性が高い
  • 拡散性がある
  • 集客の入り口に使える
  • 価値観の近い人と繋がれる
  • 1つの投稿までが比較的容易

 

>デメリット

  • 時間の浪費が生まれる可能性あり
  • 投稿されてる情報の質の差が激しい
  • 無駄に消耗する可能性あり
  • 始めは手動更新が必須
  • 資産性があまりない

 

Twitterはフォロワー=自分の活動をみてくれる人を増やしつつ
直接コミュニケーションをとって流通網の拡大を測るメディアです。

手軽に始められるという意味では
4つの中で1番と言えます。

TwitterからブログやYoutube、メルマガに誘導するなど
他のメディアへの誘導にも使うことができるのでオススメです。

ただTwitterだけだとコンテンツが使い捨てに近いので
他のメディアと併用すると良いでしょう。

 

Youtubeのメリット・デメリット

>メリット

  • 無料
  • 伝えられる情報量が多い
  • ファン化が早い
  • 資産性が高い
  • わかりやすい
  • 注目度が高い

 

>デメリット

  • 自動化は難しい
  • 質が悪いとダサく見える
  • 編集に手間と時間がかかる

 

Youtubeは視聴者の信頼感を醸成し
ファン化するまでが非常に早いメディアです。

動画コンテンツなので
わかりやすく伝えることができます。

メルマガなどと併用して
既存客向けのアプローチにも活用できます。

今やってる事業が動画映えするのであれば
優先順位を高めに取り組んでも良いでしょう。

 

ブログのメリット・デメリット

>メリット

  • 初期費用が安い(年1〜2万から
  • 資産になる
  • 集客経路が増える
  • 見込み客の教育ができる
  • 他のメディアのハブになれる

 

>デメリット

  • 成果が出るまで時間がかかる
  • 運営にコストがかかる

 

ブログは記事が資産として残り続け
かつ集客もしてくれるメディアです。

記事制作に手間と時間がかかり
成果が出るまでにも数ヶ月程度の時間がかかります。

基本的には中長期で取り組むことになるので
長い目でみてコンテンツをコツコツ作ることが大切です。

他のメディアで作成したコンテンツを埋め込み
こちらで再利用できるメリットもあります。

 

メルマガのメリット・デメリット

>メリット

  • 効率的にアプローチ可能
  • 既存客のフォローができる
  • 仕組みを作り自動化ができる
  • 売上を作る施策も実施可能
  • アカウントが消されるリスクがない

 

>デメリット

  • 月額費用がかかる(月1万〜
  • 読者を集める工夫が必要
  • 読者に読んでもらう工夫も必要

 

メルマガは既存客のフォローができ
仕組みを作り自動化も可能なメディアです。

4つのメディアの中では
1番出口の方に近い=売上に直結するメディアになります。

TwitterやYoutubeと違い
アカウントが消されるリスクがないのもメリットです。

事業の売上をあげたい
かつコストを下げたいのであれば
1番オススメなメディアです。

 

WEB集客をする上で大事なこと

最後にWEB集客をする上で
大事なことを話しておきます。

 

それは何か?というと
「情報設計」です。

情報設計がないWEB集客は
ただの徒労に終わる可能性が高いです。

 

理由は簡単で
「情報設計のない情報発信」は
「顧客を迷子にするだけ」だからです。

 

Twitterをやりさえすれば
お客さんが増える。

Youtubeに動画を投稿すれば
勝手にファンが増える。

そのようなことは
99%の確率で起こりません。

 

ただホームページを作ったからといって
そこからお客さんが来るわけでもありませんし
記事を書けば、読んでくれるわけでもありません。

ネットに強そうな若い社員に任せたところで
彼がセールスライティングなどのスキルがなければ
単にネットでそれっぽいことをして終わるだけです。

 

WEB集客には様々な施策がありますが
一番大事なのが最初の意思決定であり、
その意思決定を元に情報設計をすることです。

「何を理想として掲げるのか?」

「その理想を実現するために、どのように情報を設計し
WEB上のメディアというツールを使うのか?」

この部分が明確になっていない限り
自分が欲しい結果は得られないでしょう。

 

逆に言えばそれさえ明確であれば
あとは与えられた条件の中で
今の自分ができることを淡々とやるだけです。

 

WEB集客は
ルール無用、無差別級の総合格闘技。

「何をもって勝ちとするか?」も人それぞれですし
「どんな手を使うか?」も人それぞれです。

だからこそ奥が深く
面白くてやりがいがあるんですけどね。

 

ということで
以上、WEB集客のお話でした。

 

質問や相談がある方は
こちらのメルマガから連絡していただければと思います。

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください