たすくまとGoogleカレンダーを同期してリアルタイムでライフログを簡単に作成する方法

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

 

ライフログを残すだけで、
人生変わります。

過去の自分をデータで振り返ることで、
自己理解が死ぬほど進みます。

 

超オススメ!だよ!

 

今日は有料アプリ「たすくま」と、
「Googleカレンダー」を同期して、

 

こちらのようなライフログを、
簡単に作る方法を紹介します。

記録にかかる時間は、
最短で4回タップするだけ!神!

 

たすくま(taskuma)インストールはこちらから

3600円と高いですが、
飲み会1回分で人生変わると思えば安いでしょう。

僕はこのライフログのためだけに、
このアプリを使っています。

iPhoneでサクサク使えて、
もっと安いアプリがあったら教えてください。

 

ということで、
早速見ていきましょう!

全体の流れ

 

  1. たすくまでメールアドレスとカレンダー出力を設定
  2. Googleカレンダーでプロジェクト毎のカレンダーを作成
  3. たすくまでプロジェクトを作成
  4. たすくま活用でGoogleカレンダーに自動記録

 

全体の流れはこんな感じ。

早速設定していきましょう!

 

たすくまでメールアドレスとカレンダー出力を設定

まず、たすくまの設定から、
Googleカレンダーと連携するために必要な設定をしていきます。

 

「設定」をタップします。

 

「メール」項目に、
後にGoogleカレンダーを同期する、
Gmailのアドレスを設定します。

 

下にスクロールし、
「カレンダー出力」項目を「オン」にします。

ここでの設定は、
通常時にどのカレンダーに出力するかという話です。

今回の設定方法においては特に関係がないので、
好きなように設定しておいてください。

 

これでたすくまのメールアドレス設定と、
カレンダー出力設定が完了です。

 

Googleカレンダーでプロジェクト毎のカレンダーを作成

続いて、Googleカレンダー側で、
プロジェクト毎にカレンダーの受け皿を作成していきます。

 

サイドバーにあるプラスマークをクリックし、
「新しいカレンダー」を選択します。

 

ここで重要なのが、
「管理しやすい」「見やすい」名前をつけることです。

シンプルにプロジェクト名だけにすると、
視認性が低く、使いづらくなります。

ちなみに、僕はこんな感じでつけています。

 

「数字」「絵文字」「プロジェクト名」で名前をつけると、
あとで見やすくなるのでオススメです!

ってことで、
名前をつけ終わったら「カレンダーを作成」をクリック。

 

これを各プロジェクト分、
自分がジャンル分けしたい分だけ作ってください!

 

ちなみにカレンダーは、
色分けした方が絶対に見やすいです!

 

色分けする際は、ここをクリックして設定してください。

 

 

これでGoogleカレンダー側の設定が完了です。

 

たすくまでプロジェクトを作成

次に、たすくま側で、
プロジェクトを作成していきます。

 

下のメニューバーが横スクロールできるので、
横にスクロールします。

ちなみに僕はこれに気がつかず、
30分くらい悩まされました笑。

 

「プロジェクト」をタップし、
新規追加するために「+マーク」をタップします。

 

名前を入力し、出力先を設定していきます。

この時の名称は、先ほど同じ要領で、
「数字」「絵文字」「プロジェクト名」で名前をつけると、
あとで見やすくなるのでオススメです!

 

カレンダーの出力先は、
同期先メールアドレスのカレンダーが出てきます。

Google側で新しくカレンダーを作ってから、
アプリに反映されるまでは少し時間がかかるのでご注意ください。

 

これを各プロジェクト分、
自分がジャンル分けしたい分だけ作ってください!

 

これで、Googleカレンダーと同期した、
プロジェクトの設定が完了です。

 

最後に、実際の使い方を見ていきましょう!

 

たすくま活用でGoogleカレンダーに自動記録

ここからは、僕がライフログを残すために、
実際に使ってるやり方を紹介していきます。

 

僕の使い方のイメージとしては、
まず再生ボタンを押して、時間を計測する。

何かしらの作業が終わった時に、
停止ボタンを押して、作業名を記録する。

作業名を記録したら、
また再生ボタンを押して、時間を計測する。

これを繰り返すだけです。

 

なので、たすくまは、
常に起動した状態になってます。

 

詳しく見ていきましょう!

 

たすくまの使い方の基本

まず「再生ボタン」を押して、
記録をしている状態にします。

 

すると、こんな画面になり、
計測が開始されます。

このあと何かしらの作業をし終わったら、
停止ボタンを押します。

 

例えば、
僕がライティングを終えたとしましょう。

その時の終了画面はこんな感じです。

 

一番上にタスク名称を書き、
「プロジェクト」で作業のプロジェクトを選択します。

このプロジェクトが、
Googleカレンダーと同期して表示されるのです。

 

そして、たすくまでは、何回も同じ作業をする場合は、
「リピートタスク」として登録することができます。

 

はじめ、リピートタスクがない状態で、
タスクを終了しようとすると、こんな画面が表示されます。

 

ここで大事になってくるのが、
「リピートタスク」という機能です。

たすくまでは、何回も同じ作業をする場合は、
「リピートタスク」として登録することができます。

逆に1回きりのタスクは、
「つくらない」を選択すればOKです。

ここを選択しないと、
タスクを完了できないのでご注意ください。

特に何もない場合は、
「つくらない」でOKです。

 

ちなみにリピートタスクを設定すると、
作業後の記録がめちゃくちゃ楽になります。

 

僕の実際の使い方

 

僕が実際に作業を終えた時にやるのは、
次の通りです。

 

 

 

 

 

 

素晴らしくないですか?

このスピード感!

 

最短4タップで、
簡単に記録を残すことができます!

 

記録を終えたら、
またすぐに再生ボタンを押して記録をスタートします。

 

これを繰り返すと、
こんな感じのライフログが出来上がりです!

 

この気軽さで、
この見やすさは神じゃ〜

 

今日で始めてから1ヶ月ですが、
記録するのがラクすぎて全く苦ではありません。

最高ですよ。

 

簡単に作れるので、
皆さんも是非試してみてください!

 

ライフログを作ると、新たな発見がたくさんあり、
自己理解が非常に進みやすくなりますよ。

 

たすくま(taskuma)インストールはこちらから

 

ってことで、
今回はこの辺で失礼します。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで