男性が困惑するセリフの王道「仕事と私、どっちが大事なの?」という問いに対する女性の求める完璧な回答

 

 こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

 

いきなりですが、本題。

最初に結論から話すと、
回答例の1つはこれかなと。

 

 

このツイートをしたら、
たくさんの女性のフォロワーの方からいいねをもらいました。

 

 

このようにリプをくださった方もいるので、
そこまで間違ってない回答なのではないかなと思います。

 

 

それでは、今回はこちらのツイートについて、
深掘りしていきます。

 

「仕事と私どっちが大事なの?」

 

これを表面上の言葉だけで判断すると、
ただの二者択一の質問になります。

しかも、その他の条件設定がないため、
いかようにも解釈ができてしまうのです。

 

この段階で条件反射的に、

「俺は○○との生活を楽しむために仕事を頑張ってる」

「いや、もちろんお前が大事だよ」

と、持論を述べるのは少し違うでしょう。

 

何が違うのか?というと、
その持論を話すタイミングです。

 

この場面でまずするべきことは、
その言葉が発せられた文脈、前後関係、
すなわちコンテキストを整えることなのです。

 

「あーもう!そういうことじゃないのに!」

 

「仕事と私どっちが大事なの?」

 

この言葉が発せられた時点で、
女性は少なくとも感情的な状態になっています。

そして、あまりにも自己中で感情的な女性ではない限り、
自分がめんどうな質問をしてる事を彼女たちは自覚しています。

 

冷静な時にこのような質問をすることは、
ほとんどないですからね。

全くもって正常、酒も飲んでないシラフの状態で、

「食事と睡眠、どっちが大事なの?」

などと質問をする人は、
5歳の子供か、よほど変わった人か、パッパラパーな人でしょう。

 

「仕事と私どっちが大事なの?」

この言葉が発せられた時点で、
相手は感情的。

だからこそ、
相対的に冷静な判断ができる男性は、
相手の感情を読み解き、相手の感情を整える必要があるわけです。

 

自分の立場だけで考えて、すぐにマジレスする人は、
相手の女性に「あーもう!そういうことじゃないのに!」と、
心の中で思われるだけなので注意しましょう。

 

男と女は思考のスタート地点が正反対

 

「仕事と私どっちが大事なの?」

 

この発言をするときの女性はおそらくですが、
「不安、寂しい、構って欲しい」と思っています。

それ以外のパターンの場合は、
たぶん特殊な状況なので、その時々で読み取ってください。

 

で、男性からしたら、
それなら「寂しい」「構って欲しい」って言えばわかるのに!

と思うかもしれませんが、
それもちょっと違うのです。

 

というのも、

 

言葉にしなくても分かって欲しい女性

言葉にしてくれないと分からない男性

 

まるでホコタテのお題のようですが、
これが両者の思考のスタート地点

最初っから思いっきりズレがあるのです。

 

だからこそ、論理的で合理的な思考が得意な男性は、
この前提を踏まえた上で、コミュニケーションをするべきだと思います。

反対に女性は、
言葉にして伝える努力をするべきとも言えます。

言わなくても伝わる関係は、
理想でもあり、奇跡でもありますからね。

 

ここからは男性目線で言いますが、
だからこそ、世の男性は持ち前の論理的思考を駆使して、
相手の心理状態を読み解くように努力すべきだと思うのです。

冷静に考えて、相手が変わるのを期待するより、
自分が変わった方が手っ取り早いですからね。

 

しかも、相手の心理状態がわかるようになれば、
あなた以外の世のほとんどの男性は、
相手の心理状態がわからないザコキャラになり下がります。

 

変わる努力をしないライバルたちが、

女は感情的で扱いにくい。
どう接すれば良いのかわからん。

と嘆いてるだけの冴えないライバルに成り下がるのです。

 

ってことでモテたい男性は、
読解力を磨いてみてください。

 

女性は基本的に、
シャイで、素直になれなくて、甘え方が分かっていません。

だから、感情的になってしまった時に、
「仕事と私どっちが大事なの?」と冷静であれば言わない事を、
相手に言ってしまうのです。

 

そんな女性の心理状態を読み解き、
相手を素直にすることができ、甘えさせるのが上手な男性は、
器が広く、モテる男性として認識されるでしょう。(そうであって欲しい

というか、そういう人は、
男女関係なく、人として魅力がある人物になると思います。

 

ってことで、
これを読んでる読者諸君は、
読解力を磨くんやで。

 

まとめ

 

「仕事と私どっちが大事なの?」

この言葉を発してる時点で、
相手は感情的な状態で、かつ寂しい思いをしています。

そんな状態の人にマジレスしても、
その言葉は届きません。

 

マジ泣きしてる子供に、
論理的に話をしても意味がないのと同じです。

それは見た目は大人、頭脳は子供の、
残念アダルトがやること
です。

 

まずは相手を安心させて、
リラックスさせましょう。

 

だからこそ、
「仕事と私どっちが大事なの?」という問いに対する、
具体的な解答例が、

「そんなこと言わせてごめんね」
「こっちおいで(ハグ)」

なのです。

 

「そんなこと言わせてごめんね」で共感して、
「こっちおいで(ハグ)」で安心させましょう。

 

話し合うのはお互いが冷静になった後。

 

「仕事と私どっちが大事なの?」と発言する女性は、
見た目は泣いてなくとも、心はマジ泣きしています。

心がマジ泣きしてる女性に、
論理的な話は通用しません。

 

いいですか?
ここ、テストに出ますよ。

これができるかどうかで、
人生は変わりますよ。

 

ってことで、
「仕事と私どっちが大事なの?」と聞かれた世の男性は、
まずは相手を安心させて、それから冷静に話し合うのが大事って話でした。

 

今回はこのへんで。

 

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで