掃除嫌いにこそオススメ。驚異の吸引力かつゴミ捨て簡単。ダイソンのコードレスクリーナーの世界

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

前回のこちらの記事に引き続き、
年収444万以上の人は買い!?異次元レベルの超速乾。大風量。ダイソンのドライヤー「スーパーソニック」の世界
愛用しているダイソン製品のご紹介。

年1回も掃除しないほどの掃除嫌い

僕は掃除が大嫌いだ。
なぜなら面倒であり、かつ生産性がないから。

特に実家にいる頃は、
全くと言っていいほどに掃除をしていなかった。

掃除をしたのは4年に1回くらいの頻度だ。

僕の部屋は、
家族の要らないものがクローゼットに置いてあるような、
物置小屋のような、広さ6畳もない小さなお部屋だった。

しかもその部屋は冷暖房器具がなく、
夏は40度越え蒸し風呂サウナ状態、
冬は窓が凍りつく冷凍庫になる物置小屋

そんな部屋で我慢と忍耐を胸に、
少年時代を過ごしていたのである。
(絶対に戻りたくないものだ)

そんな僕が一人暮らしを始め、出会ったもの。
それがコードレスクリーナーだ。

コスパ最強レベルのマキタのコードレスクリーナー

実は僕が初めて買ったコードレスクリーナーは、
ダイソンシリーズではない。

最初に買ったのは、
こちらのマキタのコードレスクリーナーだ。

こちらのコードレスクリーナーは、
Amazonで化物レベルで高評価されている商品。

コードレス、充電式、軽量、使いやすい、
コスパ最強レベルの一品だ。

値段も11783円(2018年6月27日現在)とそこまで高くないので、
コスパ良いコードレスクリーナーが欲しい人はこれ買えばOKだと思う。

後述するが、吸引力よりも本体の軽さが気になる女性や、
おじいちゃんおばあちゃんにはこれがベスト

軽い掃除機で生活を少しでもラクにしてあげると良き。

コードレスはストレスレス

僕はコードレスのものが大好きだ。

逆に言うと、コードがついているものが大嫌いだ。
さっさとコードをこの世から駆逐して欲しい

コードレスの商品を企画開発研究している企業は、
是非ともがんばっていただきたい。

なぜコードが嫌いかと言うと、
面倒、煩雑で、嫌悪感が出てくるからだ。

デザイン的にも美しくないし、
鎖で縛られているようで、何よりモチベが下がる。

コードがダラダラ伸びた掃除機は、
使うだけでストレスがたまる。

使うときにストレスが溜まるものは、
使わなくなる。

使わなくなった商品は、もはやゴミでしかない。
安物買いの銭失いとはまさにこのことだ。

僕は掃除が大嫌いだったが、
コードレスクリーナーで掃除が嫌いよりの普通くらいにはなった。

コードレスはストレスレスな生活を生み出してくれる。

いずれは充電レスな商品を生み出して欲しいものだ。

ダイソンはハンディタイプでも驚異の吸引力。

ということで、話を戻す。

僕はマキタのクリーナーを使っていたが、
あるとき友人の家に行き、あるものを目にした。

それがこちらのダイソンのハンディクリーナーだ。

シリーズの型番はV7 Mattress HH11 COM

実際に使わせてもらったのだが、
僕にとってはこれが最高だった。

何が良かったかと言うと、
まずはコードレスな点。

そして、ハンディタイプ
片手で持てるレベルで小さいのだ。

そして何より、
驚異の吸引力

掃除嫌いの僕でさえテンションが上がるくらい、
驚異の吸引力でゴミを吸い取ってくれる。

この吸引力の魅力に、
文字通り引き寄せられてしまった。

僕は掃除がちょっとだけ好きになった。

マキタからダイソンへ乗り換えた理由

そして地味に良かったのが、
交換フィルターがないところだ。

実は先ほど紹介したこちらのマキタのクリーナー。

こちらは掃除をしていると、
フィルター部分にゴミがたまり、
交換する必要が出てくる。

ちなみに交換フィルターがこれ。

僕にとっては、
これを変える一手間が苦痛だった。

久しぶりに掃除でもしようかな。
あ、でもフィルター交換しないと。
、、、めんどくさいからやめとこ。

となってしまった。

それに比べて、ダイソンは交換フィルターがなく、
ゴミが溜まったら直接それをゴミ袋に入れて終わり

この差もあって、
僕はマキタからダイソンに乗り換えたのだ。

ダイソンは稼働時間と重さが課題

ここで2つほど、
ダイソンの改善して欲しい点を書いておく。

まず、
このダイソンのハンディクリーナーは、
稼働時間が30分と短めだ。

一人暮らしの広さであればこれで十分だが、
一軒家であればこれ1台で家全体を掃除するのはまず不可能

購入を考えている人は、
どの部屋、どの場面で使うのかを考慮した方が良さそうだ。

そして、このハンディクリーナーは、
少しだけ重い

僕のような若い男性はさほど気にならないが、
女性や年配の方は気になるかもしれない。

ダイソンを買うかお悩みの方は、
この部分を念頭に判断することをオススメする。

ロジックだけでは動けない。だからお金を出して、モチベを買う

僕が何かを買う時に考えること、
それが自分のモチベーションに対する影響だ。

何か行動を起こすためのモチベーションというのは、
自分の揺れ動く感情から大きく影響を受ける。

僕ら人間はどうしてもロジックだけでは動けない。

掃除しないといけないのはアタマでわかっていても、
どうしてもカラダが動かない時があるものだ。

掃除に限らず、様々な場面でこれが積み上がっていくと、
変わらぬ現実に愚痴を言い、行動しない残念人生につながってしまう。

めんどくさい、やる気が出ない。

この厄介者たちとうまく付き合っていくためにも、
お金を上手に使って、自分のモチベをコントロールしていくのだ。

時間が有限であることを常に意識する

僕の行動原理の根幹には、
時間が有限であるという事実がある。

どんな人間も1日は24時間。
時間はお金と違って貯蓄することができない

時間は、1日24時間で使い切り型の、
二度と取り戻せない希少資源だ。

その貴重な時間を、
やる気が出ないという感情的要因で無駄にするのが、
僕は死ぬほどもったいないと考えている。

だからこそ、その無駄時間を排除するためにも、
お金を出して、モチベを買っているのだ。

時間という二度と取り戻せない希少資源を有効活用するためにも、
お金を上手に使ってあげることが大事だと思う。

実際にダイソンを買うのであれば

話を戻そう。

実際にダイソンの購入を考えているのであれば、
まずこちらのダイソンの公式ページで最新機種を確認しよう。

最新機種だとコードレスでも最長60分稼働するとのこと。

部屋の広さや用途などを考えた上で、
自分にあった掃除機を買うようにしよう。

無論、僕のように一人暮らしの人は、
こちらのハンディタイプがオススメ。

コスパと本体の軽さ重視で、
フィルター交換をいとわない人は、
こちらのマキタのコードレスクリーナーがオススメだ。

ということで、
ダイソンのコードレスクリーナーのお話でした。

長くなってきたのでこの辺で。

 

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで