カメラ初心者がいきなり定価20万超えのデジタル一眼ソニーα7Ⅲを買ってみた

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今回のお話は、カメラについてのお話ではなく、
カメラを始めてから色々気づいたことについてのお話。

カメラ初心者。いきなり一眼カメラを買う。

2018年3月
カメラ初心者の僕はデジタル一眼のソニーα7Ⅲを買った。

このカメラだ。

ソニーストア

ボディ本体と標準レンズのセットで、
定価20万超えもするシロモノだ。

最初、このカメラの存在を知った時、
「すげえ高いカメラがあるんだな」と思った。

カメラのことなんて何も知らなかったけど、
その価格の高さに驚いた。

それと同時に、カメラを使っているであろう人が、
このカメラを絶賛していることにも驚いた。

ツイッターで検索してみると

ソニーやべえ。
うわーめちゃ欲しい。
この機能でこの価格はやばいだろ。

というコメントで溢れていた。

それを読んだ時、

このカメラのどこが良いんだ?
カメラが趣味の人は、何が面白くて写真を撮ってるんだろう。

と純粋に疑問に思った。

専門用語だらけのカメラの世界

それからカメラについて興味が出始めて、
ネットで調べたり、実際に店舗で実機を見たりした。

それでも、
専門用語だらけのカメラの世界は、
なかなかよくわからなかった。

F値が小さいと明るくなるとか、
シャッタースピードが速いとぶれないとか、
焦点距離がどうとか、

もう何が何だか、
訳が分からなかった。

でも、それと同時に、
凄く面白そうだと思った。

子供ゴコロに気になるカメラの世界

僕を惹きつけたのは、
カメラの世界の奥深さと、そこに広がる未知なる世界だ。

それから僕は、居てもたってもいられず
発売 直後に、実際にカメラを買ってみた。

案の定、初めは使い方がわからず、
なかなかうまく使いこなせなかった。

でも、
知らないことを知って、

できることを増やしていく。

この過程がとにかく面白い。
そこから僕は、カメラにハマっていった。

カメラを通じて、世界を再認識する

僕が初めて撮ったのは、
近所を散歩中に出会ったこの犬の写真だ。

この写真を撮ってみて、
カメラの画質の綺麗さに驚いた。

撮った写真がどこまでも拡大できるのだ。

それと同時に、
いつも見過ごしていた日常に、
様々な世界が隠れていることにも気が付いた。

カメラが趣味の人の気持ちが初めて理解できた。

星が霞む都会の空と、心揺さぶる波照間の星空

その後、いろんな写真を撮ってみたくなった僕は、
ネットで調べて気になっていた星空の写真を撮ってみることにした。

星空は街の光が少ない山奥や田舎で撮った方が良いと書かれていたが、
実際に都会で撮るどうなのか気になったので、
とりあえず多摩川の河川敷で撮ってみた。

その時の写真がこれだ。

肉眼ではかろうじて確認できる星空も、
まるでカメラに映らなかった

都会は光が強すぎるあまり、
夜空の星が見えないのだ。

そして、夏、
日本最南端の有人島、波照間島に行った時、
どれほど星空が違うのか、実際に写真を撮ってみた。

その時の写真がこれだ。

まるで知らない世界がそこには広がっていた。

カメラを始めてから、気づいたこと

僕がカメラを始めてから気づいたのは、
自分自身が未知なる経験を積み重ねていくことの大切さだ。

僕はカメラを通して、
自分がすでに知っていると思っていた世界を、
カメラ越しに再認識する経験をした。

僕が1人でシャッターを切る時、
その写真に映されるのは、僕の価値観に基づく写真だ。

そこに他人が入り込む余地はない。
僕はその経験が大事だと思う。

今の世の中、ネットで検索するだけで、
様々な世界を知ることができる。

でもそれは、他人の経験に基づいた、
他人の価値観を通じて得られる世界でしかない。

僕らはぼーっと生きてると、学校や会社で、
すぐに社会の価値観や他人の価値観を刷り込まれてしまう。

そして、挙げ句の果てには、
思考停止状態で、他人の価値観で生きていくことになってしまう

そうならないためにも、未知の経験を積み重ね、
自分のアタマで自分の思考を積み重ねていくことが大事になってくると、僕は思う。

ということで、
今回はこの辺で。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで