【時短】冷凍肉を素早く自然解凍する方法|夕食1時間前からでも間に合う自然解凍法

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

今日の夕飯は、冷凍庫に冷凍保存してある、
ふるさと納税で届いた和牛ステーキにしよう。

でも、冷蔵庫で自然解凍すると5〜6時間と時間がかかるし、
今日冷蔵庫に移して、明日食べるのもイヤだ。

電子レンジで解凍するとムラが出るらしいし、
氷水で解凍するのも2時間くらいかかるらしく面倒臭い。

でも、常温で自然解凍をすると、
細菌が繁殖するらしく、食中毒の危険性が高まる。

何か良い方法はないかなー。

 

と思った時に、僕が実際に試した、
火や電気を使わずに手っ取り早くお肉を解凍する方法を紹介します。

1時間前からでも大丈夫と書きましたが、
実質15分くらいで解凍できてたので、オススメです。

ってことで紹介。

必要なもの

この解凍法で必要なものはこの5つ。

  • 鍋:1つ
  • 冷凍肉:解凍したい分だけ
  • ラップ:適量
  • フライパン:1つ
  • 水:鍋底から3cm程度

鍋1つ、フライパン1つと書きましたが、
フライパンなし鍋2つでも、鍋なしフライパン2つでもOKです。

ポイント:熱伝導率の高さを利用する

一般家庭にある鍋は、
アルミ、鉄、ステンレスのものがあります。

その中でも一番熱を伝えやすいのが「アルミ」なので、
とにかく早く解凍したい人はアルミの鍋やフライパンで。

アルミの鍋やフライパンがない人は、
鉄でもステンレスでもなんでもOKです。

我が家はステンレスの鍋とフライパンしかなかったので、
今回はそれで代用しました。

冷凍肉を素早く自然解凍する方法


参考画像がこちらです。

順番に説明していきます。

鍋の中に鍋底から3cm程度の水を入れる

まず、お鍋の中に鍋底から3cm程度の水を入れます。

ポイント:お湯ではなく常温の水を入れる

お湯を使った方が早く解凍できそうですが、
肉に火が通ってしまう恐れがあるので常温の水を入れてください。

というか、
常温の水でも十分に早く解凍できます。

フライパンをひっくり返し、ラップを敷く

フライパンを引っくり返し、ラップを敷きます。

ラップを敷く理由は、
そのまま肉を乗せると不衛生だからです。

肉を置き、ラップをかけ、水の入った鍋を乗せる

次にラップを敷いたフライパンの上に肉を置き、
その上にラップをかけて、水の入った鍋を乗せます。

詳しくは参考画像を見てください。

この状態で15分程度放置しておくと、
あっという間に肉が解凍されます。

ポイント:接地面積を大きくする

冷凍肉が素早く解凍するかどうかは、
鍋との接地面積がどれくらい大きいかにかかっています。

接地面積が大きいほど熱が伝わりやすくなり、
早く解凍することができるので、
肉を冷凍するときはなるべき平らになるようにすると良いでしょう。

15分程度で解凍できました!

カチカチに凍っていたお肉も、
ものの15分程度で解凍することができました。

鍋と接地していた場所ほど解凍されているので、
大きいお肉の場合は調整すると良いでしょう。

普段は冷蔵庫でじっくり解凍していたので、
かなりの時短になりました。

もちろん、食中毒は怖いので、
肉にはしっかりと火を通してから食べましょう。

 

今回はこの辺で。

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで