デキる人の共通点!孤独に作業をしていて不安になった時に読んでほしい話。

 

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

 

昔のメモを読み返していたら、
良い話が載っていたので共有します。

 

孤独で不安な作業をしている人は、
ぜひ読んでみてください。

デキる人の共通点

 

ある成功者が言っていた言葉で、
ものすごく印象に残っている言葉がある。

 

もし本気で成長したければ、一人で歩け。

普段の生活を振り返って、
人と一緒に歩いてばかりいるやつは、
いつまで経っても成長しない

 

僕はこの言葉を聞いた時、
「ああ、その通りだな」と思った。

その人は続けて、
こんなことを話していた。

 

何人かの友人といつも一緒に歩いていると、
その中で一番ノロマな奴の歩調に合わせて行動することになる。

「もっと早く歩きたいなあ」

いくらアタマの中でそう思っても、
集団にいると、それが心地良くなってしまい、
本音は言い出せなくする。

 

一方で、成長する奴は、
周りの歩調なんかに合わせずに、ガンガン先に進んでいく。

皆がラクして同じ速度で移動できるエスカレーターなんか待ちきれずに、
さっさと階段で上がっていってしまうような人だ。

 

そういう人は、
グループ行動する奴らからは煙たがられる。

でも、成功する人は、大抵そういう人ばかりだ。

 

普段の何気ない行動は、
その人の生き方の集大成なんだよ。

 

これを聞いた時、僕は物凄く納得したし、
まだ結果を出してない自分に自信がもてた。

デキる人間は、単独行動が多い

 

この話を聞いてから、
大学に行った時、僕は気がついた。

周りを見渡してみると、
それは明らかだった。

 

いつも友達同士で群がって歩いている人。

そんな人からは、何のオーラも感じなかった。

 

逆に

「なんでこんな美人が、独りで歩いているんだろう」

って場面に遭遇した時は、
その美人からは、とてつもない魅力を感じた。

 

単独行動といっても、
明らかに寂しそうに一人で歩いている人は、
その範疇ではない。

 

堂々として、自信ありげに一人で歩いている人からは、
風格というか、オーラのようなものを感じた。

 

人の魅力は、ギャップから生まれる。

 

明らかに周りが放っておかないだろうと思えるほどの美人が、
一人で歩いていたら魅力的だ。

 

反対に、どんなに可愛い女性でも、
群がれば群がるほど、やかましい女性達の一人になってしまう。

もし、ルパン三世の峰不二子が、
いつも仲良し女性グループの中にいたら、非常に萎える。

 

人は一人でいる時に、
徹底的に自分と対話できるので、その分だけ知性が増す。

逆に、仲良しグループといつも群がっていると、
話の内容は他愛もない噂話、愚痴ばかりになる。

 

会話のレベルも、必然的にその中の一番
レベルの低い人に合わせざるをえない。

 

成長したければ、今の輪から抜け出す方が良い

 

「なんてヒドイことをいう奴だ」
と反論するかもしれない。

「そんなことを言ったら、友達無くすぞ」
とわざわざ気にかけてくれる人もいる。

 

これに対する僕の意見は、
「本当にヒドイのって、どっち?」ってこと。

 

自分が寂しさを紛らわしたいがために、
その人が一人で成長しようとしているのを邪魔しているかもしれない。

お互い一人で行動して、
何かあった時だけ、手を取り合って、協力すれば良い。

それが本当の、自立した個人同士の、
理想的な関係じゃない?

 

「いつも一緒」は単なる傷の舐め合いが多い

 

実力も無い雑魚のうちから、
徒党を組んで上手くやっている人を僕は知らない。

でも、
名も無い頃から孤独に実力をつけて、実力がついた頃に、
更に上の実力者に目をかけられて引っ張ってもらえた、
という例は、結構知ってる。

 

引っ張ってもらえた、というより、
必死に食らいついたって印象が強いけれど。

 

孤独が人を成長させる

 

成長したければ、もっと孤独になった方が良い。

孤独になれば、実力をつけなければ、
嫌でも生きていかれなくなるから。

 

それに、一人で頑張ろうとしている人を、
周囲は放っておいてくれないから。

 

イチローが小学生の頃、

「そんな野球の練習ばかりしてないで、たまには俺たちと遊ぼうぜ」

という友人からの声に、
いつも応じていたら、あそこまでの選手になっただろうか?

 

いつも群がっているのは、仲が良い証拠ではない。

実力の無さから、自信が無いから、
身を寄せ合ってごまかしているだけだ。

 

だから僕は、
孤独に頑張る時間が大事だと思うし、
孤独で頑張る人を応援したいと思う。

 

あとがき

 

ということで、
いかがでしたでしょうか?

良いメモだなーと思って、
少し編集を加えてブログ記事にしました。

 

孤独で作業していると、
どうしても不安で気が滅入る時がありますよね。

そんな時はこの話を思い出して、
もう一踏ん張り、頑張ってみようかなと思います。

 

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで