モジュール(module)とは 意味、語源、イメージを解説!

こんにちは!クレメア(@cremea_tw)です。

ビットコインの基本。カリフォルニア大学バークレー校 ビットコインと仮想通貨の無料講義超訳|Week1-1

この講座を受けてた時、
冒頭がこの言葉で始まりました。

暗号通貨の最初のモジュールへようこそ。

 

この言葉を聞いたときに、
「モジュール」って何だろう、どう言う意味なんだろうと疑問に思ったんですね。

日本語じゃ、この言い回しなかなか聞きません。
今日のモジュールは〜で始まる授業を受けた覚えもありません。
工学系の授業だと、そんなことあったりするのでしょうか?

ということで、当時は軽めに調べて、
モジュール(module)が「部品」って意味なのか、程度で終わらせたんですが、
興味が出てきたのでもう少し言語感覚を深掘りしていきたいと思います。

 

完全に趣味記事ですが、
学生や英語で勉強をしている人、翻訳を仕事にしてる人は参考になると思うので、
ぜひ最後まで読んでいってください。

「module」という言葉のイメージ

外国語を勉強していて、
なんだか意味がわからない単語が出てきたとします。

そのとき、僕がよくやるのが、
Googleでの画像検索です。

 

試しに「module」で画像検索をすると、
このような検索結果が出てきます。

 

今回はうまいこと良い感じの画像が出てきてくれました。
(たまにアニメキャラだらけになったりするんですよねw)

なんだか機械っぽい、部品っぽい感じしますよね。

 

僕はわからない単語、
特にアタマの中でイメージが湧いてこない単語が出てきたら、
このように画像検索で「イメージ」を先にアタマの中に入れます。

理由は簡単で、
そのほうがアタマに残りやすいからです。

 

「モジュール」で検索してウィキペディアを見ると、

モジュールmodule)とは、工学などにおける設計上の概念で、システムを構成する要素となるもの。いくつかの部品的機能を集め、まとまりのある機能を持った部品のこと。モジュールに従っているものをモジュラー (modular)という。

引用元:モジュール – ウィキペディア

こんな感じに説明されますが、
正直、あまりアタマに入ってきません。

 

でも、画像検索ならこうです。

 

機械っぽい、何かしらの部品っぽいですよね。

「百聞は一見にしかず」とは、
まさにこのことです。

 

この画像を見た上で、

いくつかの部品的機能を集め、まとまりのある機能を持った部品のこと。

こう説明されたら、理解が深まりませんか?

 

ただの部品ではなく、
まとまりのある機能を持った部品の事を特にモジュールっていうのか〜ふむふむ。

ってことは、

暗号通貨の最初のモジュールへようこそ。

この言葉の意味は、
授業1つ1つでも意味を持つけど、
全体が集まればもっと深く理解できるよ、
的なことを言いたかったのかな。

ってな感じで、
僕は理解をしていってます。

 

イメージを先行してアタマに入れて、
そのイメージに言葉をペタペタとつけていく感じです。

便利なので、他の未知なる単語と出会ったときにでも試してみてください。

言葉の説明だけではピンとこない単語も、
イメージだと一瞬で理解できたりして、非常に便利ですよ。

 

「module」の語源、言葉の歴史

続いて、もう少し深く言葉の意味をすくい取りたいとき、
僕がやるのが語源を調べることです。

語源というのは、
いわばその言葉の歴史です。

この単語はどういう歴史をたどって、
今この意味に落ち着いているんだろうか、というのを調べます。

 

知らない人に会ったとき、
その人が自分と同じ共通点があると、仲良くなれる気がしますよね?

言葉もそれと同じで、
あ、お前あの言葉の親戚だったのか!となると、
めちゃくちゃ理解が深まるんです。

その瞬間に脳みその中で、
言葉のネットワークが繋がりまくります。

 

で、今回の単語「module」、
この言葉はラテン語の「modus」が語源です。

modus:型、適量、様式、尺度、量の単位

 

「module」は「基本単位、測定単位」という意味もあるので、
この中の「量の単位」から派生してると考えられますね。

 

そして、この言葉を語源に持つ言葉は、

model:モデル、模型

modern:現代の、現代人

modest:控えめの、謙虚な

moderate:適度の、節度のある

こんな感じで色々あります。

 

modelはファッションモデルのモデルと同じで、
美しい型にハマってる感じがしますね。

modernは「現代の」ということで、
「最近の様式」という感じでしょうか。

modestは、
型にハマってる良い子ちゃん=控えめのって感じですかね。

moderateは「適度の」「節度のある」という意味ですが、
最近だとYouTubeのライブ配信を思い出しますね。

ライブ配信だとコメントが荒れる時があるのですが、
そのコメントを消したりする人が「モデレーター」と呼ばれるんです。
語源から理解すると、まさしく!って感じがしますね。

 

ってな感じで、
moduleの親戚がたくさん出てきました。

moduleという言葉が、
初めと比べてだいぶ親しみやすくなったのではないでしょうか?

 

あとがき

ということで、
いかがでしたでしょうか?

こういう言葉解説系の記事って、
全然目にしないですが、面白いと思いません?

反応があれば、
もっと書いていこうかなと思うので、
何かしら心動かされた人は反応をください!笑

 

僕は雑記記事を書いてますが、
もはや書くネタがありすぎて何から書こうかと、
日々悩むばかりです。

言葉の世界は、
歴史も宗教も深く関わってきて、
凄く面白いんですよね。

これ、共感してもらえるかなー。

ってことで、
今回はこの辺で失礼します。

 

このブログを書く僕の目的は、
「ファンを作ること・仲間を増やすこと」です。

趣味が合う、気が合う、考え方が合う。
なんかええなーと思ったら、気軽にメッセージください。喜びます。

終わり。

2 件のコメント

  • はじめまして!
    記憶する方法としてのこの
    画像(視覚イメージ)を記憶させて関連付けるっての良いですね。

    何か他の本などでも聞きかじったような気がするのですが
    こうやって実際に記憶していく流れを体験できたことがとても心地よかったです。

    記憶することの喜び?みたいなもんでしょうかね。

    わからんち~んがわかるようになるとどんどんワクワクしてきます。

    また寄らせていただきます。

    • もきちさん初めまして!
      コメントありがとうございます。

      イメージから入るの楽しいですよね。

      僕はわからない英単語もそうですが、
      なんとなく意味を覚えにくい日本語でもたまに使ってます。

      ぜひ活用して見てください。

      またお時間ある時にでも読んでくださいねー(>∀<)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    物語の引き金を引く男 / 「てめえの人生に火をつける」 / プロ火付け役 / 腐れニートからの再始動 / 見知らぬ人にMacBook Proを買った人 / 32日で100記事達成 / ただの足跡を伝説に変えていく男 / Youtubeで #クレメアラジオ 不定期配信 / サロン「裏世界」オーナー 参加希望者はDMまで